Qualcomm Snapdragon 730/730G Mobile Platformを発表

Qualcommはミドルハイモデル向けプラットフォームとして「Qualcomm Snapdragon 730 Mobile Platform」と「Qualcomm Snapdragon 730G Mobile Platform」を発表しました。Snapdragon 720はSM7150の開発コードで開発が行われていることが有名で、Snapdragon 710Snapdragon 712の後継機となります。

Snapdragon 730がSM7150-AA、Snapdragon 730がSM7150-ABとなっています。

 

名称 Snapdragon 730 Snapdragon 730G Snapdragon 710
CPU Kryo 470

2xA76 + 6xA55

Kryo 470

2xA76 + 6xA55

Kryo 360

2xA75 + 6xA55

クロック数 2.2GHz + 1.8GHz 2.2GHz + 1.8GHz 2.2GHz + 1.7GHz
GPU Adreno 618 Adreno 618 Adreno 616
クロック数 650MHz 700MHz 500MHz
カメラ 2200万画素+2200万画素

3600万画素

2200万画素+2200万画素

3600万画素

1600万画素+1600万画素

2500万画素

LTE Cat Cat.15/13 Cat.15/13 Cat.15/13
充電 QC 4+ QC 4+ QC 4
製造プロセス 8nm FinFET 8nm FinFET 10nm FinFET

今回発表されたSnapdragon 730/730GはSnapdragon 7シリーズとして初めてARM Cortex-A76を搭載。これによりCPU性能が大きく向上し、既に発表されているSnapdragon 675との差別化を図ることに成功しています。

この他GPUは最新モデルとなるQualcomm Adreno 618を採用、ベースモデルとなるSnapdragon 730は650MHz、ゲーミング用途に採用されるであろうSnapdragon 730Gはわずかにクロック数が上がって700MHzとなっています。フラッグシップモデル向けSnapdragon 855に搭載されているAdreno 640は585MHzの低クロックに仕上がっていますが、この両プラットフォームは高クロックに仕上がっています。

カメラは2200万画素+2200万画素のデュアルカメラ、3600万画素シングルカメラに対応。マルチフレームノイズリダクション(MFNR)環境下では4800万画素のシングルカメラ、スナップショットでは19200万画素のシングルカメラに対応しており、カメラ性能においても抜かりはありません。

 

急速充電規格Quich Chargeは最新規格となるQuick Charge 4+に対応し、こちらもSnapdragon 675と同じになりましたので用途にあったプラットフォーム選びが可能になっています。製造プロセスはミドルハイモデル向けとしては最小の8nm FinFETを採用。Samsungのフラッグシップモデル向けSamsung Exynos 9 Series 9820も8nm FinFET製造プロセスを採用していますので、規格上は同じと見てもいいでしょう。

Snapdragon 730とSnapdragon 730Gは2019年半ばに商用デバイスで利用可能になる予定です。大体6月から9月になるでしょう。

 

Source(1) | Source(2)