Qualcomm Snapdragon 712 Mobile Platformを発表

QualcommはSnapdragon 7シリーズに属するQualcomm Snapdragon 712 Mobile Platformを発表しました。2018年5月に発表されたSnapdragon 710の後継機ではなく、細かいスペックを見ていくとマイナーチェンジモデルとして仕上がっています。

 

名称 Snapdragon 712 Snapdragon 710 Snapdragon 675
CPU Kryo 360

2xA75 + 6xA55

Kryo 360

2xA75 + 6xA55

Kryo 460

2xA76 + 6xA55

クロック数 2.3GHz + 1.7GHz 2.2GHz + 1.7GHz 2.0GHz + 1.7GHz
GPU Adreno 616 Adreno 616 Adreno 612
クロック数 ?MHz 500MHz ?MHz
カメラ 2000万画素+2000万画素

3200万画素

2000万画素+2000万画素

3200万画素

1600万画素+1600万画素

2500万画素

LTE Cat Cat.15/13 Cat.15/13 Cat.12/13
充電 QC 4+ QC 4 QC 4+
製造プロセス 10nn FinFET 10nm FinFET 11nm FinFET

Snapdragon 712の基本のスペックはSnapdragon 710から変更されず、主な変更点としてCPUの最大クロック数が2.3GHzに、急速充電規格がQuick Charge 4+に対応しています。

 

CPUはbig側のクロック数のみ記載されているので全貌は不明で、LITTLE側がどうなっているのか情報を待ちましょう。Qualcommは少し前から公式サイトにGPUのクロック数を記載していないのにもかかわらずSnapdragon 710のクロック数が判明しているのは、Xiaomiが同SoC搭載機のXiaomi Mi 8 SEのスペック表に記載しているためです。なので、XiaomiがSnapdragon 712を搭載したスマートフォンを発表すればクロック数が判明します。

もしくはSnapdragon 712搭載機を購入した開発者が計測すると判明します。フラッグシップモデル向けSnapdragon 855は中国の開発者がクロック数を計測しています。

 

名称 オーディオ
Snapdragon 712 Qualcomm Aqstic audio technology
Qualcomm TrueWireless Stereo Plus technology
Qualcomm Broadcast Audio technology
Qualcomm aptX audio technology
Snapdragon 710 Qualcomm Aqstic audio technology
Qualcomm aptX audio technology

大きな違いはオーディオ周りで、Bluetooth環境での音質を良くするQualcomm TrueWireless Stereo Plus technologyに対応しています。Qualcomm製プラットフォームのみが搭載されているスマートフォンは音質が悪いという評判がありますが、その悪評を消すべく誕生したと考えられます。

 

Snapdragon 710の採用経験のある企業は後継機やマイナーチェンジモデルとしてSnapdragon 712搭載機を発表するでしょう。明確な量産時期や出荷時期はわかりませんが、2019年上半期に搭載機がリリースされると考えています。

 

Source | 参考