Qualcomm Snapdragon 665 Mobile Platformを発表

Qualcomm Snapdragon 665 Mobile Platformを発表
スポンサーリンク

Qualcommはミドルハイモデル向けプラットフォームとして「Qualcomm Snapdragon 665 Mobile Platform」を発表しました。数多のミドルハイモデル向け機種に搭載されたSnapdragon 660の正統後継機となります。

開発コードはSM6125で、近い開発コードとしてSM6150を持つSnapdragon 675の存在があります。

 

名称 Snapdragon 665 Snapdragon 660 Snapdragon 675
CPU Kryo 260

4xA73 + 4xA53

Kryo 260

4xA73  +4xA53

Kryo 460

2xA76  +6xA55

クロック数 2.0GHz + 1.8GHz 2.2GHz + 1.8GHz 2.0GHz  + 1.8GHz
GPU Adreno 610 Adreno 512 Adreno 612
クロック数 430MHz(?) 647MHz 845MHz
カメラ 1600万画素+1600万画素

2500万画素

1600万画素+1600万画素

2500万画素

1600万画素+1600万画素

2500万画素

LTE Cat Cat.12/13 Cat.12/13 Cat.12/13
充電 QC 3.0 QC 4 QC 4+
製造プロセス 11nm FinFET 14nm FinFET 11nm FinFET

Snapdragon 665のスペックはSnapdragon 660の廉価モデルという立ち位置になる可能性があります。製造プロセス以外大きな更新点は見つからず、CPU性能に至っては意図的にクロック数が下げられています。Snapdragon 660には高クロックモデルと低クロックモデルの2種類がありますが、Snapdragon 665は低クロックモデルに近い性能になると考えています。

勝手な予想ですが無理に採用する企業は少ないかもしれません。

 

久しぶりに何のために生まれたのか一般消費者の感覚では不明なものです。DSPやISPがわずかながら進化をしていますので、最新のスマートフォンに向けたものに仕上がっていますが、なんとも微妙なプラットフォームです。

更に細かいところを見ていくとWLAN規格の802.11acにも非対応で、コメントがし辛いです。

 

Snapdragon 665は2019年半ばに商用デバイスで利用可能になる予定です。大体6月から9月になるでしょう。

 

Source