10月20日にTWSイヤホンのMeizu POP 2sの発表を予告、ANC機能やENC機能に期待がかかる

10月20日にTWSイヤホンのMeizu POP 2sの発表を予告、ANC機能やENC機能に期待がかかる

Meizu POP

Meizuのアクセサリー部門微博アカウントの魅族配件が2020年10月20日にMeizu POP 2sを発表することを予告しました。

 

Meizu POP 2sはTWSイヤホンのMeizu POPシリーズに属する製品となり、既にMeizu POP(レビュー)とMeizu POP 2(レビュー)が発表・販売されています。Meizu POP 2sの“s”という名前の通りMeizu POP 2をベースとしたマイナーチェンジモデルとなる見込みで、昨今のTWSイヤホンはノイズキャンセリング機能となるANC機能やENC機能を有することがトレンドとなっていますので、Meizu POP 2sがノイズキャンセリング機能を有して欲しいという意見があります。

 

6月18日に開催したMeizu社員による対談番組の魅族面対面「618 種草大会」ではMeizu POP 3を開発していることを明らかにしていましたが、今回予告されたものはMeizu POP 3ではなくMeizu POP 2sとなっており、Meizu POP 3として開発していたものがMeizu POP 2sになったのか、Meizu POP 2sとは別にMeizu POP 3が存在しているのかは今のところわかっていません。

 

Meizu POPからMeizu POP 2の主な変更点はチップがBES 2000IZからBES 2300Lへ、Bluetooth 4.2からBluetooth 5.0へ、片イヤホンの重さが5.8gから5.4gへ、収納ボックスがワイヤレス給電qiに非対応へ、収納ボックスのバッテリー容量が700mAhから350mAhとなっています。Meizu POP 2sはMeizu POP 2からどの程度進化しているのか非常に楽しみです。

 

ちなみにMeizu POPとMeizu POP 2は中国市場向けだけではなく国際市場向けの製品が存在しており、国際市場向けのMeizu POPとMeizu POP 2は日本での通信が法的に認められる技適を通過(Meizu POP/Meizu POP 2)しています。今回発表されるMeizu POP 2sも技適を通過してほしいと思っていますが、どうなるでしょうか。

 

 

Source