Meizu 16s/16s PlusはAndroid 9 Pieを搭載か

Qualcomm Snapdragon 855を搭載することが明らかになっている2019年Q2に発表予定のMeizu 16sとMeizu 16s PlusがAndroid 9 Pieを搭載する可能性が高いとリークされました。

 

リーク者の数碼閑聊站氏は「以前のMeizu 15ユーザーとしてMeizu 16thの運命を知っています。あなたがAndroid 9 PieをベースとしたFlyme OSを使用したい場合はMeizu 16sを購入したほうがいいでしょう」と微博に書き込みを行いました。

彼の発言通り今のMEIZUはAndroid OSのアップデートを疎かにしており、2018年4月に発表されたMeizu 15シリーズはAndroid 7.0 Nougat、8月に発表されたMeizu 16thシリーズはAndroid 8.1.0 Oreoが搭載されています。更に昔に遡ると2017年7月に発表されたMeizu PRO 7シリーズはAndroid 7.0 Nougatで、この例に上げた3シリーズは2019年1月現在OSアップデートが一度も行われておりません。

 

1度もOSアップデートを受けること無くサポート終了になったスマートフォンも多く、OSアップデートの重要性を理解していない企業であると言われていたりもします。一応セキュリティパッチレベルの更新は行っているので全てを否定する事も出来ませんが、過去は消極的だったOPPOやvivoが力を入れているのを見ると、やはり“遅れている企業”だと考えてしまいます。

 

Meizu 16sとMeizu 16s Plusの発表会でFlyme based on Android Pを同時に発表し、既存機種のアップデートを告知することになれば嬉しいサプライズになりますが、今のMEIZUにその力はあるでしょうか。Android Oを搭載しているMeizu 16thとMeizu 16th PlusはProject Trebleに対応しているのでアップデートはそこまで難しくはないでしょうが、それ以前のAndroid Nを搭載している機種をどのようにサポートするのかが気がかりです。

 

 

Source