Meizu 16th/Meizu 16th Plusを発表。画面内指紋認証を採用し約44,000円から

8月8日に北京園芸中心にて行われたMeizu 16シリーズの新製品発表会にて、Meizu 16thとMeizu 16th Plusを発表しました。

 

Meizu 16thの主なスペックは、型番はM882Q、Android 8.1.0 OreoをベースとしたFlyme 7を搭載し、6.0インチのFHD+(2160×1080)のSuper AMOLEDディスプレイ、SoCはQualcomm Snapdragon 845 Mobile Platform、GPUはQualcomm Adreno 630、容量は6GB+64GB/6GB+128GB/8GB+128GBの3モデル展開、外部ストレージに非対応、リアカメラは1200万画素+2000万画素のデュアルカメラ、フロントカメラは2000万画素のシングルカメラ、バッテリー容量は3010mAhとなっています。

Meizu 16th Plusの主なスペックは、型番はM892Q、Android 8.1.0 OreoをベースとしたFlyme 7を搭載し、6.5インチのFHD+(2160×1080)のSuper AMOLEDディスプレイ、SoCはQualcomm Snapdragon 845 Mobile Platform、GPUはQualcomm Adreno 630、容量は6GB+128GB/8GB+128GB/8GB+256GBの3モデル展開、外部ストレージに非対応、リアカメラは1200万画素+2000万画素のデュアルカメラ、フロントカメラは2000万画素のシングルカメラ、バッテリー容量は3640mAhとなっています。

 

Meizu 16thの価格は6GB+64GBモデルが2698元(約44,000円)、6GB+128GBモデルが2998元(約49,000円)、8GB+128GBモデルが3298元(約54,000円)、Meizu 16th Plusの価格は6GB+128GBモデルが3198元(約52,000円)、8GB+128GBモデルが3498元(約57,000円)、8GB+256GBモデルが3998元(約65,000円)となっています。

本日8月8日16:00(CST)より魅族商城、魅族社区、天猫、京東、蘇寧にて予約開始。8月20日0:00(CST)より正式販売が開始となっています。

 

発表会の様子

8月8日14:30(中国時間)にて発表会が開催。

 

今日のプレゼンターは元魅藍事業部総裁現魅族科技高級副総裁が務めます。

魅藍事業が失敗に終わったという結果から登壇しないのではないかと囁かれていましたが、結果としてはプレゼンターを務めています。

TシャツにはMeizu M6 Noteのスローガンだった「STAY TRUE(忠実であり続ける)」の文字が書かれています。

 

SoCはQualcomm Snapdragon 845 Mobile Platformを採用。

MEIZUとしては初めてQualcommのフラッグシップモデルを採用しています。

 

RAM8GB+内蔵ストレージ256GBモデルの存在を発表。

MEIZUとして初めて採用します。

 

Bluetooth 5.0を採用し、Qualcomm aptXとSONY LDACによってCD音源を無線環境で聞くことが可能に。

 

画面サイズはMeizu 16thが6.0インチ、Meizu 16th Plusが6.5インチ。どちらもSAMSUNG製Super AMOLEDのFHD+となっています。

 

昨今のスマートフォンは全て同じデザイン。ノッチデザインにカメラが背面左上に縦に配置、そして指紋認証センサーが真ん中に。

MEIZUはこの様なありふれたデザインにはならないと発表。

 

異なったデザインのために必要なもの、それはディスプレイ内部に指紋認証センサーを埋め込む技術。Meizu 16th/16th Plusはこの技術を採用し、優れたデザインになったとのこと。

ちなみにこの指紋認証センサーは猫の肉球でも反応するほど優れているとアピールしています。

 

ディスプレイに指紋認証センサーを埋め込みながらも認証識別速度は0.25秒と非常に短くなっています。

認証成功率は99.12%の高水準。完成度を高めたようです。

 

左右ベゼルは1.43mmと非常に短く、フルディスプレイスマートフォンの中では一番狭いとのこと。

強度面において問題はないとの発表。

 

Meizu 16th/16th Plusは継続してイヤホンジャックを採用。昨今のスマートフォンはイヤホンジャックが排除される傾向にありますが、MEIZUは採用することで他社とは違うことをアピール。

 

前面カメラは2000万画素。ステレオスピーカーにも対応。

 

Meizu 16th Plusの画面比は91.18%。

フルディスプレイスマートフォンであることをアピール。

 

バッテリーの容量はMeizu 16thが3010mAh、Meizu 16th Plusが3640mAhとなっています。

 

筐体はOPPO Find Xよりも薄くなっているとアピール。

持ちやすさも考慮されているとのこと。

 

Meizu 16h/16th PlusはAndroid OをベースとしたFlyme OSを採用。

ちなみに前日にはGoogleが次世代OSとなるAndroid 9 Pieを発表しています。

 

新たな技術、Super mBack 2.0を発表。

今までは円形のアイコンを使って様々な操作が可能でしたが、一本線のアイコンで様々な操作が出来ます。

 

スマートフォンを購入する際に何を重視するのか、という問いに対して45.8%の人がカメラを気にしていると回答。

昨今のSNS需要のため、更にこだわりを見せたようです。

 

Meizu 16th/16th Plusに搭載されているカメラのサイズは世界で一番小さいとアピール。

800万画像よりも小さいというのは驚きです。

 

AI機能を利用して前面シングルカメラでのボケ機能を実現。

 

サンプルフォトを公開。左がAI機能オフ、右がAI機能オンです。

 

AIが全16個の環境に応じて写真を最適化。

 

メインカメラにはSONY製イメージセンサーのIMX380を採用。

 

IMX519を搭載したOPPO Find X、IMX363を搭載したvivo NEX、IMX380を搭載したMeizu 16thを比較。

 

カメラはIMX350とIMX380のデュアルカメラ。

IMX350は2017年に販売されたスマートフォンに多く採用されました。

 

様々なものが搭載。

 

Meizu 16thの最低モデル(6GB+64GB)は2698元と破格の値段。

 

8月20日0:00(中国時間)より正式販売。