MediaTekが日本市場にDimensity 5G Series投入を明かす

MediaTekが日本市場にDimensity 5G Series投入を明かす

Processor/Platform

台湾のMediaTekは5G通信に対応したスマートフォン向けSoCのDimensity 5G Seriesを日本市場向けに提供することを明らかにしました。

 

Dimensity 5G Series製品は2020年6月現在ではDimensity 1000+(MT6889)Dimensity 1000(MT6889)Dimensity 1000L(MT6885)Dimensity 820(MT6875)Dimensity 800(MT6873)の5製品あり、Dimensity 1000+とDimensity 1000はハイエンド製品向けに、Dimensity 1000LとDimensity 820とDimensity 800はミドルハイ製品向けに提供しています。

 

Dimensity 5G Series製品は全て台湾TSMC製7nm FinFET製造プロセスを採用しており、Dimensity 1000+とDimensity 1000はCPUは4xARM Cortex-A77(2.6GHz)+4xARM Cortex-A55(2.0GHz)のオクタコア構成、GPUはARM Mali-G77 MC9 @836MHzとなっています。Dimensity 1000LはDimensity 1000の低周波数モデルで、CPUは4xARM Cortex-A77(2.2GHz)+4xARM Cortex-A55(2.0GHz)のオクタコア構成、GPUはARM Mali-G77 MC7 @695MHzとなっています。

 

Dimensity 820のCPUは4xARM Cortex-A76(2.6GHz)+4xARM Cortex-A55(2.0GHz)のオクタコア構成、GPUはARM Mali-G57 MC5 @900MHzとなっており、Dimensity 800は4xARM Cortex-A76(2.0GHz)+4xARM Cortex-A55(2.0GHz)のオクタコア構成、GPUはARM Mali-G57 MC4 @748MHzとなっています。

 

Dimensity 5G SeriesはDimensity 1000を除いて搭載機が既に中国市場で販売されており、Dimensity 1000+はvivo iQOO Z1、Dimensity 1000LはOPPO Reno3 5G、Dimensity 820はRedmi 10X 5GとRedmi 10X Pro 5G、Dimensity 800はHuawei Enjoy Z、Honor Play4 5G、OPPO A92s、ZTE Axon 11SE 5Gが搭載しています(参考記事)。

 

Source | Via