MediaTekが5G通信に対応したプロセッサー、MediaTek Dimensity 1000発表

MediaTekが5G通信に対応したプロセッサー、MediaTek Dimensity 1000発表
スポンサーリンク

MediaTekは中国の深センで行われた発表会で、5Gモデムを統合したプロセッサーのMediaTek Dimensity 1000(MT6889)を発表しました。

 

名称 Dimensity 1000 Helio G90T Helio P90
CPU 4xA77 + 4xA55 2xA76 + 6xA55 2xA75 + 6xA55
周波数 2.6GHz + 2.0GHz 2.05GHz + 2.0GHz 2.2GHz + 2.0GHz
GPU Mali-G77 MC9 Mali-G76

3EEMC4

PowerVR GM 9446
周波数 836MHz 800MHz 970MHz
カメラ 8000万画素

3200万画素+1600万画素

6400万画素

2400万画素+1600万画素

4800万画素

2400万画素+2400万画素

リフレッシュレート 120Hz(FHD+)

90Hz(WQHD)

90Hz 60Hz
RAM LPDDR4X(16GB) LPDDR4X(10GB) LPDDR4X
ストレージ UFS 3.0 UFS 2.1 UFS 2.1
Wi-Fi Wi-Fi 6 802.11a/b/g/n/ac 802.11.a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.1 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
5G/LTE Cat 4.7 Gbps/2.5 Gbps Cat.12/13 Cat.12/13
製造プロセス 7nm FinFET 12nm FinFET 12nm FinFET

MediaTekは2017年に発表したHelio X30(MT6779)を最後にミドルレンジ帯のHelio PシリーズやエントリーモデルのHelio Aシリーズに注力しました。今回発表した製品はフラッグシップモデル向けプロセッサーとして発表されており、約2年ぶりの復帰となります。

 

今回の製品の大きな特徴は7nm FinFET製造プロセスを採用し、CPUにはARM Cortex-A77、GPUにはARM Mali-G77を採用した点です。A77とG77を採用しているのでデュアル77プロセッサーとも呼ばれており、MediaTekがフラッグシップモデル市場に復帰したことを喜んでいる人が多いです。

 

更にMediaTek Dimensity 1000は5GモデムのHelio M70を統合し、SoC単体で5G通信に対応することができます。HiSilicon Kirin 980やSamsung Exynos 9825、Qualcomm Snapdragon 855 Plusは外部の5G対応モデムを搭載することで5G通信に対応していましたので、MediaTekは少しだけ先を進んでいます。

 

そしてデュアル5G(5G+5G)に対応しており、SA(スタンドアローン)/NSA(ノンスタンドアローン)方式に対応。完全になる5G対応プロセッサーと呼べます。

 

Source