OPPO Reno4でSnapdragon 765G 5Gに変更した理由をPdMが語る

OPPO Reno4でSnapdragon 765G 5Gに変更した理由をPdMが語る

Processor/Platform

OPPOは6月5日に新製品発表会を開催し、新5G通信対応スマートフォンとしてOPPO Reno4(PDPM00/PDPT00)とOPPO Reno4 Pro(PDNM00/PDNT00)を発表しました。大きな注目を集めたのは前者のOPPO Reno4で、Qualcomm Snapdragon 765G 5Gを搭載していますが従来機となるOPPO Reno3 5G(PDCM00/PDCT00)はMediaTek Dimensity 1000Lを搭載し、SoCの性能としては従来機のOPPO Reno3 5Gの方が上回っていますので、それに対して疑問を記者が投げかけた所、OPPO Renoシリーズにおけるプロダクトマネージャー(PdM)の李傑(Li Jie/ジェット・リー)氏が回答しました。

 

まずSnapdragon 765G 5GとDimensity 1000Lの性能を解説(参考記事)すると、AnTuTu Benchmark v8ではSnapdragon 765G 5GのCPU性能は108,464点とGPU性能は94,081点で総合性能は346,524点となっている一方で、Dimensity 1000LのCPU性能は139,310点とGPU性能は146,335点で総合性能は433,100点となっており、総合性能では100,000点近くの性能差があることがわかります。そのため、Dimensity 1000LではなくSnapdragon 765G 5Gを選択した理由について記者が投げかけるのは当然と言えます。

 

李傑(Li Jie/ジェット・リー)氏は「SoCの選択については、OPPOの製品理念は性能だけでなくユーザーエクスペリエンスに基づいて行われており、SoC等のハードウェアデバイスはユーザーに提供される機能、製品やサービスを考えて選択しています。私達が特に重要視したのは夜景動画撮影で、Snapdragon 765G 5GはCPU性能とGPU性能が良いだけではなく、画像アルゴリズムやAIアルゴリズムが優れているため、今回は夜景動画撮影の最適化を図るためSnapdragon 765G 5Gを選択しました。」と回答し、Dimensity 1000LよりもSnapdragon 765G 5Gの方がISPが優れているため、OPPO Reno4のスローガンになっている「5G視頻手机(5G通信に対応したビデオ性能に優れたスマートフォン)」を実現するためにSnapdragon 765G 5Gを選択していることを明かしています。

 

彼の発言はDimensity 1000LのISPが優れていないのではなく、Snapdragon 765G 5Gの方がDimensity 1000Lよりも優れていると言っているだけなので、OPPO Reno3 5Gの撮影能力が低いことには繋がりません。ちなみにOPPO Reno3 5GからOPPO Reno4の大きな変更点はSoCだけではなくメインのイメージセンサーも異なっており、OPPO Reno3 5GはSony IMX686を搭載していますがOPPO Reno4はIMX586を搭載しており、画素数は6400万画素と4800万画素に変更され、センサーサイズも1/1.72と1/2.0で異なっています。

 

 

Source | 参考(1) | (2)