Meizu Note8と見られるM822QのスペックをTENAAが公開。Meizu E3と同じくSnapdragon 636を搭載か

魅族Note8(Meizu Note8)と見られるM822Qが先日TENAA(中華人民共和国工業情報化部)の認証を通過し、本日10月1日にスペックが公開されました。Meizu Note8は従来の魅藍(Meilan)ブランドではなく魅族ブランドの製品としてリリースされる予定です。

更にロシア市場を始めとする国際市場では従来のMeizu M8 NoteではなくMeizu Note8という名前でリリースすることがEEC(欧州経済共同体)の認証によって明らかにされています。ただ、この認証ではMeizu X8の海外名がMeizu NoteXになっていましたがどうやらMeizu X8で同じ名前でリリースする可能性が高く、命名方式に変更があれば従来の方式を採用したMeizu M8 Noteになる可能性も秘めています。

 

TENAAによるとM822Qのスペックは、Android 8.1.0 Oreo、6.0インチFHD+(2160×1080)のIPSディスプレイ、CPUは1.8GHzのオクタコア構成、リアカメラが1200万画素+500万画素のデュアルカメラ、フロントカメラが800万画素のシングルカメラ、容量は4GB+64GBの1モデル展開、外部SDカードに対応(128GB)、バッテリー容量は3500mAh、カラー展開はブラック、レッド、ブルー、パープルの4色となっています。

CPUが1.8GHzのオクタコア構成ということで予想していたSAMSUNS Exynos 7 Series 9610ではなくQualcomm Snapdragon 636を搭載する可能性が高いです、Exynos 9610が搭載されるのであれば2.3GHzのオクタコア構成と書かれるはずです。

 

SoCがSnapdragon 636ということで3月に発表されたMeizu E3と同じSoCを搭載していることになります。Meizu E3は6GB+64GBと6GB+128GBの2モデル展開、リアカメラが1200万画素+2000万画素のデュアルカメラ、フロントカメラが800万画素、バッテリー容量が3360mAhとなっているのでMeizu Note8はMeizu E3の廉価モデルの位置づけになっています。

Meizu E3の価格は1799元(約30,000円)と1999元(約33,000円)なのでそれ以下になる必要があり、更に9月19日に発表されたMediaTek Helio P22を搭載したMeizu V8 Proが1098元(約18,000円)の価格なので、Meiz Note8は1099元以上1799元未満の価格でリリースされると考えています。

 

Source