SAMSUNG Exynos 7 Series 9610を発表

SAMSUNGがモバイル向けSoC「SAMSUNG Exynos 7 Series 9610」を発表しました。位置づけとしてはGalaxy A8(2018)に搭載されているSAMSUNG Exynos 7 Series 7885のアップグレード版になり、ミドルレンジモデル向けとして開発されているようです。

SAMSUNG Galaxy S9/S9+に搭載されているフラッグシップモデル向けSoCはSAMSUNG Exynos 9 Series 9810で、少し名前がややこしいです。

 

SAMSUNG Exynos 7 Series 9610のスペックは、製造プロセスが10nm FinFET LPP、CPUはARM Cortex-A73(2.3GHz)x4 + A53(1.6GHz)x4のオクタコア構成、GPUはARM Mali-G71(クロック数不明) MP3、ISPはリアフロント共に2400万画素でデュアルカメラは1600万画素+1600万画素、RAM規格はLODDR4X、内蔵ストレージはeMMC 5.1とUFS 2.1、LTEカテゴリーはCat.12 3CA (600Mbps)/Cat.13 2CA (150Mbps)、WLANはIEE 802.11 ac/b/g/n、Bluetooth 5.0、GPS、GLONASS、BeiDou(北斗)、Gallileoとなっています。

対応解像度はWQXGA(2560×1600)に対応し、対応ネットワークはFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TC-SCDMA/GSMでCDMA2000に対応しているかという点についてはわかっていませんが、2018年以降に開発されたSAMSUNG製SoCは全てCDMA2000に対応しているので、今回のSAMSUNG Exynos 7 Series 9610も対応しているでしょう。

 

Exynos 7 Series 9610をExynos 7 Series 7885と比較すると、製造プロセスが14nmから10nmへ、CPUのコアが2+6構成から4+4構成に変更、クロック数が2.2GHzから2.3GHzへ、GPUのコア数がMP2からMP3へと大きな変化があります。

ミドルレンジモデル向けSoCながらUFS 2.1に対応したというのは大きく、あのSnapdragon 660でも非対応なのでSAMSUNGはミドルレンジ市場の覇者になろうとしています。

 

CPU性能、GPU性能ともにQualcomm Snapdragon 660と同じ程度になると予想しています。Snapdragon 660の後継機となるSnapdragon 670(後にSnapdragon 7xxシリーズに編入?)には敵わないようなスペックになっています。

Exynos 7 Series 7885のAnTuTuベンチマークはGeekdays氏のSAMSUNG Galaxy A8(2018)での実機計測では117,324点となっていますので、Exynos 7 Series 9610は先程の変更点を加味すると総合スコアは14~15万点程度で、ゲームをする際に大事なGPU性能は35,000点程度になると考えています。

 

量産時期は2018年下半期で、2018年Q4-2019年Q1頃に搭載機種が発表されるようです。

SAMASUNGと密接な関係のMEIZUが使用することを期待している消費者が多いですが、実際はどうなるでしょうか。

 

Source