Dimensity 920のベンチマークスコアが判明。VS. Dimensity 900、1100、820

Dimensity 920のベンチマークスコアが判明。VS. Dimensity 900、1100、820

MediaTek Dimensity 920を初搭載したXiaomi製Redmi Note 11 Pro/Note 11 Pro+が発表されたのでAnTuTu Benchmark v9とGeekbench 5のスコアが明らかになりました。今回明らかになったスコアをDimensity 900Dimensity 1100Dimensity 820と比較します。

 

Dimensity 920の主なスペックはTSMC N6、CPUは2xCortex-A78 2.5GHz+6xCortex-A55 2.0GHzのオクタコア構成、GPUはMali-G68 MC4 @950MHz、RAM規格はLPDDR5、5G NRはSub-6GHz帯に対応しています。

 

Dimensity 900のマイナーチェンジ版で、CPUとGPUの周波数が向上しています。競合他社製品のSnapdragon 888 5GSnapdragon 888 Plus 5Gと同じ関係です。

 

CPUは2020年発表のCortex-A78を採用。Dimensity 820がCortex-A76を採用したためCortex-A77の採用が予想されていましたが、うれしい方向に進みました。

 

GPUはMali-G68を採用。Mali-G78のコア数が少ないときに用いられる名称で、例としてMali-G68 MC4 @900MHzとMali-G78 MC14 @900MHzの場合、1コアあたりの性能は同じです。そのため、ハイエンド級のGPUを採用していると見ていいでしょう。

 

RAM規格はLPDDR5ですが、2750MHzなのか3200MHzなのか不明です。5G NRは通信モデムを統合し、Sub-6GHz帯に対応。mmWave(ミリ波)を商用化している国や地域は世界規模で見るとごく少数なので非対応でも問題はないでしょう。

 

Dimensity 920のAnTuTu Benchmark v9スコアは、CPU性能が139,173点、GPU性能が127,212点、MEM性能が95,871点、UX性能が133,800点で総合性能は496,056点となりました。

 

Dimensity 900と遜色のない結果になっており、本サイトが採用したスコアが異様に低いのかと思われるかもしれませんが、Xiaomiは発表会で500,949点を算出したと発表しているため特別低いスコアではありません。

 

そして、Mali-G68を採用したのでGPU性能の大幅な成長を期待しましたが、Dimensity 820(Mali-G57 MC5 @900MHz)に惨敗。MC4なのかMC5なのか、やはりコア数は性能に直結します。

 

ただ、総合的に見るとDimensity 920とDimensity 900はバランスの取れたSoCで、CPU性能は高くなっているため、SNSやウェブブラウジングにおいては快適な利用ができるでしょう。懸念材料のGPU性能も原神を最高設定でプレイするのは厳しいとは思いますが、いくつか設定を落とせば快適にできると思うので、この点も問題はないと考えています。

 

Dimensity 920のGeekbench 5はシングルコア性能が740点、マルチコア性能が2,188点となりました。Dimensity 900からA78が0.1GHz上昇しているのでシングルコア性能はわずかな差は発生しましたが、マルチコア性能はほぼ同じです。

 

Dimensity 820のマルチコア性能が高い理由は、Dimensity 920の2xCortex-A78に対してDimensity 820は4xCortex-A76で、高性能なCPUを複数搭載しているのが要因です。実際、A78+A55でDimensity 900/920とDimensity 1100は共通していますが、後者が4+4を採用しているのでマルチコア性能が高く算出されています。

 

Dimensity 920を初搭載したRedmi Note 11 Pro/Note 11 Pro+は2021年11月1日より販売を開始し、主なスペックは(カッコ内はPro+)、Android 11ベースのMIUI 12.5、Dimensity 920、120Hz 6.67インチ FHD+(2400x1080) OLED、RAMは6GB/8GB、内蔵ストレージは128GB/256GB、リアカメラは1億800万画素+800万画素+200万画素、フロントカメラは1600万画素、バッテリー容量は5160mAh(4500mAh)です。

 

価格はRedmi Note 11 Proの6+128GBが1599元(約28,500円)、8+128GBが1899元(約34,000円)、8+256GBが2099元(約37,500円)です。

 

Redmi Note 11 Pro+の6+128GBが1899元、8+128GBが2099元、8+256GBが2299元(約41,000円)、限定版(8+256GB)が2699元(約48,000円)に設定されています。