Lanchen製スマートウォッチの魅藍手環を11月3日より販売開始

Lanchen製スマートウォッチの魅藍手環を11月3日より販売開始

2021年11月1日

Lanchen(藍辰科技)はBluetooth対応スマートウォッチの魅藍手環(mblu Watch)を2021年11月3日より販売すると案内しました。発表当初は10月中旬に発売すると案内していたため、少し遅れています。

 

魅藍手環は240x240のIPS液晶を搭載したスマートウォッチで、Bluetoothを利用してペアリングを行います。スマートフォンに来た通知を表示することも可能で、電話の着信やSMS、WeChatやQQ、Gmailなどの通知に対応しています。また、座り過ぎや会議、薬を飲む、喉の乾きを通知することも可能です。

 

また、加速度センサーを搭載しているので健康管理も可能に。ランニングやジョギング、バドミントンや登山、卓球や縄跳びなどを検知し、日頃の運動を魅藍手環アプリ内でデータを蓄積できます。

 

PPG(光電式容積脈波計)を搭載しているため脈拍の測定も可能。Apple WatchのECG(心電図)と異なるので医療的な要素はありませんが、日々の健康管理として利用できます。

 

魅藍手環の主なスペックは1.1インチ 240x240 IPS液晶、TPU素材の18mm(バンド幅)、150mAh、IP68の防塵防水対応、重量は53gとなっています。充電は磁気を利用したドックで2時間、使用時間は日常利用で7時間となっています。

 

価格は249元(約4,500円)で、Meizu Store(魅族商城)、Tmall(天猫)で11月3日より販売が行われます。国際的な展開は不明ですが、近い将来にAliExpressにてMeizuが開店している公式店舗のMEIZU Official Storeで取り扱われると考えています。