魅藍 E3(Meizu E3)の新たな実機画像がリーク

魅藍ブランドからリリースされる予定の魅藍 E3(Meizu E3)の新たな実機画像が微博にリークしました。

昨日リークしたものは魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)に似ておりましたが、今回は全く異なった画像となっています。

 

前面と背面を撮影した画像となっており、前面は18:9のアスペクト比の縦長ディスプレイを採用し、ホームボタンのmTouchが排除されております。

背面はSHARP S2の様に左上に縦に配置されたデュアルカメラ、その下にLEDフラッシュが確認できます。

 

側面には電源ボタンと、指紋認証センサーが配置され、デュアルカメラが出っ張っているのがわかります。

魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)と同じく指紋認証センサーが右側に配置されており、このデザインが今年のMEIZUの基本形となるようです。

 

魅藍 E3(Meizu E3)はAnTuTuベンチマーク Ver.7で15万点を叩き出したMediaTek Helio P70を搭載予定で、2000元前後で販売される様です。

パフォーマンスはQualcomm Snapdragon 660以上であることが判明しているのでスペックについては問題はないと思いますが、今までMediaTekが築き上げた「安くてい低性能」というネガディブイメージをMEIZUがどれだけ払拭出来るかにかかっています。

 

Source