【2021年2月】中国のAndroid市場におけるAnTuTu Benchmarkスコアランキングが公開

【2021年2月】中国のAndroid市場におけるAnTuTu Benchmarkスコアランキングが公開

Benchmark

AnTuTu Benchmarkを開発・提供しているAnTuTuは、2021年2月の中国市場のAndroid OS搭載製品におけるスコアランキングを公開しました。ランキング掲載条件は当月中の1,000回以上の計測です。

 

フラッグシップにおけるランキングは、1位がvivo iQOO 7(12GB+256GB)で726,939点、2位がvivo X60 Pro+(12GB+256GB)で718,434点、3位がRedmi K40 Pro(8GB+128GB)で718,4434点となり、全ての機種がSnapdragon 888 5Gを搭載しています。

 

Snapdragon 888 5Gの主な性能は、Samsung 5nm EUV製造プロセス、CPUは1xARM Cortex-X1 2.84GHz+3xARM Cortex-A78 2.42GHz+4xARM Cortex-A55 1.80GHz、GPUはAdreno 660 @840MHzです。

 

4位以降はXiaomi Mi 11、HUAWEI Mate 40 Pro、Galaxy S21 Ultra 5G、Redmi K40、OPPO Reno5 Pro+、Redmi K30S Ultra、vivo iQOO 5で、Snapdragon 870 5G搭載機が初登場しました。Snapdragon 870 5GはSnapdragon 865 5Gと比較してCPUとGPUの周波数が上昇、Snapdragon 865 Plus 5Gと比較してCPUの周波数が上昇しています。

 

ミドルレンジにおけるランキングは、1位がRedmi 10X 5G(8GB+256GB)で404,346点、2位がRedmi 10X Pro 5G(8GB+128GB)で298,570点、3位がvivo S7t(8GB+128GB)で395,082点となり、TOP3全てDimensity 820を搭載しています。

 

Dimensity 820の主な性能は、TSMC 7nm製造プロセス、CPUは4xARM Cortex-A76 2.6GHz+4xARM Cortex-A55 2.0GHz、GPUはARM Mali-G57 MC5 @900MHzです。

 

4位以降は、HUAWEI nova 7 Pro、HUAWEI nova 7、HUAWEI nova 8 Pro、Honor 30、HUAWEI nova 8、Honor X10、Honor 30Sで、2月のランキングはMediaTekとHUAWEIが占めたことでQualcommはつけ入る隙がありませんでした。

 

Source