未発表SoCのQualcomm “bengal”を搭載したvivo TD2002がGeekbenchに登場、Snapdragon 662の可能性

未発表SoCのQualcomm “bengal”を搭載したvivo TD2002がGeekbenchに登場、Snapdragon 662の可能性

Antutu Benchmark

Qualcomm Snapdragon 865 5Gを搭載したアメリカ市場向けのSamsung Galaxy S20シリーズのKernel Sourceから明らかになったQualcommが開発中と思われる“bengal”を搭載したvivo TD2002がGeekbenchに登場しました。

 

vivo TD2002はAndroid 10、RAM 3GBという構成で、シングルコア性能は314点でマルチコア性能が1,323点となっています。Qualcomm製品における5G通信対応SoCのSnapdragon 765G 5Gはシングルコア性能が約610点、マルチコア性能が約1,800点程度なので、このスコアは低い部類に入ります。

 

この“bengal”を搭載したvivo TD2002を開発コードを使って詳しい情報をみてみると、CPUは4+4(2.02GHz+1.80GHz)のオクタコア構成、GPUはAdreno 610を搭載していることがわかりました。更に、CPUの構成はIdentifier欄にpart 2048の記載からARM Cortex-A73+A53を採用しており、すでに発表しているSnapdragon 665と同じスペックを持っています。ただ、Snapdragon 665のコードネームはtrinket(小物・つまらないもの)のため“bengal”は別のSoCということになり、Snapdragon 665と近いスペックになっているSnapdragon 662が該当すると考えています。今のところ判明しているSnapdragon 665とSnapdragon 662の違いはAI性能、カメラの性能、通信の性能の3点です。

 

Snapdragon 662はインド市場向けSoCとして発表されているため、今回姿を表したvivo TD2002はインド市場でリリースされる製品だと考えています。

 

 

Source