Qualcomm、新SoCとしてQualcomm Snapdragon 888 5G Mobile Platformを発表

Qualcomm、新SoCとしてQualcomm Snapdragon 888 5G Mobile Platformを発表

Processor/Platform

Qualcommは現地時間2020年12月1日(日本時間2020年12月2日)に開催したQualcomm Snapdragon Tech Summit 2020にて新しいプレミアムティアSoCとしてQualcomm Snapdragon 888 5G Mobile Platformを発表しました。Snapdragon 888 5Gは2019年に発表されたSnapdragon 865 5Gの正当な後継SoCで、名称としてはSnapdragon 875 5Gが候補に上がっていましたが実際はSnapdragon 888 5Gという名称になりました。

 

Qualcommは例年通り初日は新SoCの名称および大まかな性能の発表をするに留まっており、詳しい性能は明日発表される予定です。今回発表されたスペックとして、Snapdragon 888 5Gは第6世代のAIエンジンとなるHexagon Processorを搭載しその性能は26 TOPS(Snapdragon 865 5Gは15 TOPS)、第3世代のQualcomm Snapdragon Elite Gamingを採用しGPU Driverのアップデート及びゲーム利用時において最大144fpsのスムーズなゲームをレンダリングが可能に、新しいSpectra ISPによって10億画素処理をサポートし1秒間に27億画素または1200万画素で1秒間に120フレームの写真やビデオを撮影することが可能になっています。

 

また、大きな特徴として5G通信対応モデムのQualcomm Snapdragon X60 5G Modemが統合され、従来製品のSnapdragon 865 5GやSnapdragon 855は5G通信に対応するには別途5G通信対応モデムを搭載する必要がありましたが、Snapdragon 888 5Gは5G通信対応モデムが統合されたので製品内部の余裕が増えると考えています。Snapdragon X60 5G Modemは5G NR方式においてSA(スタンドアローン)構成およびNSA(ノンスタンドアローン)構成に対応し、周波数はSub-6GHz帯とmmWave(ミリ波)に対応しています。

 

そして、Snapdragon 888 5Gに搭載されるGPUはSnapdragon 865 5Gが搭載しているAdreno 650と比較して35%の性能向上が出来ていると謳っており、この数値は早期リークとなりますがGeekbench 5で確認した数値と非常に近く、Qualcommの圧倒的なGPUの開発能力が伺えます。

 

Snapdragon 888 5Gを初採用する企業として中国のXiaomiが挙がっており、CEOの雷軍(Lei Jun)氏は発表会で直接的な名称は言及していませんが、Qualcommが公開した資料によるとXiaomi Mi 11にてSnapdragon 888 5Gを搭載するとの記載がありますので、XiaomiはSnapdragon 865 5Gを初搭載したXiaomi Mi 10/Mi 10 Proに続いてハイエンドかつフラッグシップモデルにSnapdragon 8シリーズ製品を初搭載することになります。

 

Source