Qualcomm Snapdragon 875 5GのVulkan性能とOpenCL性能がGeekbenchから判明

Qualcomm Snapdragon 875 5GのVulkan性能とOpenCL性能がGeekbenchから判明

Benchmark

Qualcommが2021年のハイエンド製品向けSoCとして開発しているSnapdragon 875 5GのVulkan性能とOpenCL性能がGeekbenchから明らかになりました。この「Vulkan性能とOpenCL性能」は一般にGPU性能と呼ばれるもので、このスコアが明らかになることで従来製品のSnapdragon 865 5GやSnapdragon 865 Plus 5G、Snapdragon 855からの成長が見えてきます。

 

GeekbenchではCPU BenchmarkとCompute Benchmarkの2つの計測が可能になっており、後者でGPU性能を計測することが出来ます。また、このCompute BenchmarkにおいてVulkan性能を計測するかOpenCL性能を計測するか選ぶことができ、個別の性能向上がわかりやすくなっています。今回計測に使用されたデバイスはOnePlus 9と思われるLuBan LE2113とLuBan LE2117で、マザーボード欄にlahainaと記載されているのでSnapdragon 875 5Gを搭載しています。

 

Snapdragon 875 5GのVulkan性能は4,271点、OpenCL性能は4,637点となっています。従来製品のSnapdragon 865 5Gが3,259点と3,289点、Snapdragon 865 Plus 5Gが3,829点と3,617点となっているため、早期リーク時のSnapdragon 875 5GのGPU性能はSnapdragon 865 5Gと比較してVulkan性能では約31%でOpenCL性能では約41%、Snapdragon 865 Plus 5Gと比較して約11%と約28%となっているため、総合するとSnapdragon 865 5Gから約36%の成長、Snapdragon 865 Plus 5Gから約20%の成長となっています。

 

 

Source(1) | (2)