Snapdragon 888 5G搭載機は120製品を超える予定、Qualcomm China董事長が明らかに

Snapdragon 888 5G搭載機は120製品を超える予定、Qualcomm China董事長が明らかに

Qualcommは2020年12月に2021年のハイエンド製品向けSoCとしてSnapdragon 888 5Gを発表しましたが、その製品の搭載数は120を超える予定であることがQualcomm Chinaの董事長の孟樸(Meng Pu)氏が明らかにしました。

 

Qualcommは春節時期に様々な企業のCEOや創始者にインタビューを行い、その年の目標を語ってもらうというのを行っていますが、2月10日はQualcomm Chinaの董事長がインタビューに応えています。

 

そのインタビュー内にて「あなたは2021年は5Gの普及が加速する1年だと言っていましたが、Qualcommは“普及が加速”に向けてどの様な準備をしましたか?」と問われ、同氏は「2021年は第14次5ヶ年計画の初年度で、“新しいインフラ”の展開も加速し、5Gの開発に新たな機会をもたらすでしょう。スマートフォンの分野では、昨年12月初旬にSnapdragon 888 5Gを発表し、現在120台以上の搭載製品が発表されたか現在開発中です。また、今年始めにSnapdragon 480 5Gを発表したことで、Snapdragon 8、7、6、4シリーズ全体で5G技術の全面的なサポートを実現しました。」と回答しました。

 

2月11日現在、中国市場において既に発表されているSnapdragon 888 5Gを搭載した製品は、Xiaomi Mi 11、iQOO 7、vivo X60 Pro+、Galaxy S21 5G、Galaxy S21+ 5G、Galaxy S21 Ultra 5Gの6機種となっていますので、同氏の発言が確かなものであるならば莫大な数の搭載製品が控えていることになります。ちなみに、未発表ですが搭載がほぼ確定となっているのはRedmi K40シリーズのいずれか、OPPO Find X3シリーズ、Meizu 18シリーズ、OnePlus 9シリーズなどがあり、今後の情報に期待がかかります。

 

Source