Qualcomm Snapdragon 480 5G Mobile Platformを発表、Snapdragon 4シリーズ初の5G通信対応製品

Qualcomm Snapdragon 480 5G Mobile Platformを発表、Snapdragon 4シリーズ初の5G通信対応製品

Processor/Platform

Qualcommは現地時間2021年1月4日(日本時間1月5日)に新製品としてQualcomm Snapdragon 480 5G Mobile Platformを発表しました。Snapdragon 480 5GはSnapdragon 4シリーズに属する製品で、同シリーズに属する著名な製品はRakuten Miniが搭載しているSnapdragon 439、AQUOS sense2が搭載しているSnapdragon 450があり、日本国外の市場では3万円未満の製品が多く搭載しています。

 

名称 Snapdragon 480 5G Snapdragon 460 Snapdragon 439
CPU Kryo 460

2xA76 + 6xA55

Kryo 240

4xA73 + 4xA53

4xA53 + 4xA53
周波数 2.0GHz + 1.8GHz 1.8GHz+1.6GHz 2.0GHz+1.45GHz
GPU Adreno 619 Adreno 610 Adreno 505
周波数 600MHz 650MHz
NPU/DSP Hexagon 686 Hexagon 683 Hexagon 536
カメラ Triple 12-bit Spectra 345 IPS

6400万画素 or 2500万画素+1300万画素(ZSL) or 3x1300万画素(ZSL)

Dual 14-bit Spectra 340 ISP

4800万画素 or 2500万画素(ZSL)  or 2x1600万画素(ZSL)

Dual 14-bit Spectra ISP

2100万画素 or 2x800万画素

リフレッシュレート FHD+@120Hz

HD+@120Hz

FHD+@60Hz

HD+@90Hz

エンコード/デコード FHD@60FPS 10-bit H.265

Slow-mo 720p@120FPS

FHD@60FPS 10-bit H.265 FHD@30FPS H.264
RAM 2x 16-bit CH

LPDDR4X@2133MHz

1x 32-bit CH

LPDDR3@933MHz

2x 16-bit CH

LPDDR4X@1866MHz

1x 32-bit CH

LPDDR3@800MHz

ストレージ eMMC 5.1

UFS 2.2

eMMC 5.1

UFS 2.1

eMMC 5.1
Wi-Fi Wi-Fi 6 Wi-Fi 6 Wi-Fi 5
Bluetooth Bluetooth 5.1 Bluetooth 5.1 Bluetooth 5.0
位置情報 GPS, Glonass, BeiDou, Galileo, QZSS, NavIC GPS, Glonass, BeiDou, Galileo, QZSS, NavIC, SBAS
通信 内蔵: Snapdragon X51 5G

LTE Cat.15/13(800Mbps/210Mbps)

NR Sub-6GHz+mmWave(2500Mbps/660Mbps)

内蔵: Snapdragon X11

LTE Cat.12/13(390Mbps/150Mbps)

内蔵: Snapdragon X6

LTE Cat.4/5(150Mbps/75Mbps)

急速充電 Quick Charge 4+ Quick Charge 3.0 Quick Charge 3.0
製造プロセス 8nm LPP 11nm LPP 12nm LPP
内部コード SM4350 SM4250-AA SDM439

Snapdragon 480 5Gは“Holi”の開発コードで開発されていた製品で、CPUは独自アーキテクチャのKryo 460を採用し、GPUはAdreno 6シリーズに属するAdreno 619を、DSPにはHexagon 686を採用し高いCPU性能やGPU性能、AI性能を有しています。CPUに採用されているKryo 460はSnapdragon 675が初採用したもので、Snapdragon 675のCPUの周波数は2.0GHz+1.7GHzとなっている一方でSnapdragon 480 5Gは2.0GHz+1.8GHzに設定されているためわずかですがSnapdragon 480 5Gが優れるでしょう。そしてGPUに採用しているAdreno 619はSnapdragon 7シリーズとして初めてCPUにARM Cortex-A77を採用したSnapdragon 750G 5Gと同じGPUを採用しており、開発時には875MHzに設定されていましたがSnapdragon 750G 5Gは800MHzに設定されているため、もう少し周波数が抑えられると考えています。

 

また、高性能なCPUとGPUとDSPを採用したことでSnapdragon 460と比較してCPU性能は100%、GPU性能は100%、AI性能は70%の性能向上が出来ており、今までのSnapdragon 4シリーズ製品とは一線を画するものになると考えています。

 

そして、Snapdragon 480 5Gは通信モデムとして5G通信を可能にするSnapdragon X51 5G Modemが内蔵されているためSnapdragon 4シリーズ初の5G通信対応製品となっており、FR1で定義されているSub-6GHz帯に加えてFR2で定義されているmmWave(ミリ波)にも対応し、通信面においてはハイエンド級の性能を有しています。また、RAM規格はLPDDR4X、内蔵ストレージ規格は最新のUFS 2.2、通信面においてもWi-Fi 6やBluetooth 5.1対応といった2021年に求められる基本的な性能を有しています。更に、急速充電はSnapdragon 6シリーズ製品でも未対応なものが多く存在する最新の独自規格となるQuick Charge 4+に対応し、ミドルレンジからエントリーレベルの製品なのに関わらず高性能な規格にも対応しています。

 

Snapdragon 480 5GはNokia製品を展開するHMD Global、中国企業のOPPOやOnePlusやvivoが採用した製品を発表することを明らかにしています。QualcommはSnapdragon 480 5Gが搭載された製品は2021年の早い時期に発表される見込みとしています。

 

 

Source(1) | (2)