Qualcomm Snapdragon 750G 5G Mobile Platformを発表、Snapdragon 7シリーズにおいてARM Cortex-A77を初採用

Qualcomm Snapdragon 750G 5G Mobile Platformを発表、Snapdragon 7シリーズにおいてARM Cortex-A77を初採用

Processor/Platform

Qualcommは日本時間2020年9月22日に5G通信に対応した新しいSnapdragon 7シリーズに属するQualcomm Snapdragon 750G 5G Mobile Platfomeを発表しました。5G通信に対応したSnapdragon 7シリーズに属する製品はSnapdragon 768G 5G、Snapdragon 765G 5G、Snapdragon 765 5Gが既に発表されているため4種類目となります。

 

名称 Snapdragon 750G 5G Snapdragon 765 5G/765G 5G/768G 5G Snapdragon 730/730G/732G
CPU Kryo 570

2xA77 + 6xA55

Kryo 485

1xA76 + 1xA76 + 6xA55

Kryo 470

2xA76 + 6xA55

周波数 2.2GHz + 1.8GHz 2.3GHz + 2.2GHz + 1.8GHz/

2.4GHz + 2.2GHz + 1.8GHz/

2.8GHz + 2.4GHz + 1.8GHz

2.2GHz + 1.8GHz/

2.2GHz + 1.8GHz/

2.3GHz + 1.8GHz

GPU Adreno 619 Adreno 620 Adreno 618
周波数 540MHz/

625MHz/

750MHz

610MHz/

700MHz/

800MHz

DSP/NPU Hezagon 694

4TOPS AI

Hexagon 696

5.4TOPS AI

Hesagon 688
カメラ Spectra 355L

最大1億9200万画素

4800万画素 or 2×1600万画素(ZSL)

Spectra 355

最大1億9200万画素

3600万画素(ZSL) or 2×2200万画素(ZSL)

Spectra 350

最大1億9200万画素

3600万画素(ZSL) or 2×2200万画素(ZSL)

リフレッシュレート 120Hz(FHD+)

60Hz(QHD+)

120Hz(FHD+)

60Hz(QHD+)

60Hz(QHD+)
RAM LPDDR4X(2133MHz) LPDDR4X(2133MHz) LPDDR4X(1866MHz)
ストレージ UFS 2.1 UFS 2.1 UFS 2.1

eMMC 5.1

Wi-Fi Wi-Fi 6 Wi-Fi 6 Wi-Fi 5/

Wi-Fi 5/

Wi-Fi 6

Bluetooth Bluetooth 5.1 Bluetooth 5.1/

Bluetooth 5.1/

Bluetooth 5.2

Bluetooth 5.0/

Bluetooth 5.0/

Bluetooth 5.1

通信 Snapdragon X52 5G

LTE Cat.24/22(1200Mbps/210Mbps)

5G NR Sub-6+mmWave(3700Mbps/1600Mbps)

Snapdragon X52 5G

LTE Cat.24/22(1200Mbps/210Mbps)

5G NR Sub-6+mmWave(3700Mbps/1600Mbps)

Snapdragon X15 LTE

LTE Cat.15(800Mbps)/13(150Mbps)

製造プロセス 8nm LPP(Samsung) 7nm LPP(Samsung) 8nm LPP(Samsung)
内部コード SM7225 SM7250-AA/SM7250-AB/

SM7250-AC

SM7150-AA/

SM7150-AB/

SM7150-AC

Snapdragon 750G 5GのスペックはSamsung製8nm LPP製造プロセスを採用し、CPUはKryo 570(2xA77+6xA55)のオクタコア構成で周波数は2.2GHz+1.8GHz、GPUはAdreno 619で周波数は不明ですが、Adreno 618 @700MHzに設定されているSnapdragon 730Gと比較して10%の性能向上が出来ているようです。この他ISPはSpectra 355Lを採用し、Snapdragon 765 5G/765G 5G/768G 5Gに採用されているISPはSpectra 355を比較して4800万画素に対応していると記載していますが“(ZSL)”の記載がなく、これはゼロシャッターラグ(Zero Shutter Lag)を意味し、この技術はカメラアプリを起動し撮影ボタンを押した時に写真を撮影までにかかるラグを限りなく少なくするものです。また、デュアルカメラ構成ではZSL環境においてはSnapdragon 750G 5Gは2×2200万画素ではなく2×1600万画素に下がっているため、Snapdragon 750G 5Gが採用しているSpectra 355LよりもSnapdragon 765 5G/765G 5G/768G 5Gが採用しているSpectra 355の方が撮影に秀でています。

 

そして、内部コードSM7225が意味する通り、SM7250の内部コードを持つSnapdragon 765 5G/765G 5G/768G 5Gよりも少しだけ性能が低いモデルになる見込みですが、CPU性能はSnapdragon 768G 5GとSnapdragon 750G 5Gがほぼ同等だと考えています。GPU性能はSnapdragon 765 5G/765G 5G/768G 5Gのいずれのモデルも下回ると考えており、Snapdragon 750G 5Gは他の製品と比べてCPU性能に特化したSnapdragon 7シリーズに属する製品という考え方ができます。

 

初採用機はXiaomiから出る見込みで、Xiaomiは2020年9月30日にXiaomi Mi 10Tシリーズの発表会を開催することが明らかになっています。その発表会でXiaomi Mi 10T、Xiaomi Mi 10T Proの他にXiaomi Mi 10T Liteが発表される見込みで、このXiaomi Mi 10T LiteがSnapdragon 750G 5Gを初搭載する予定です。この他Geekbenchにて姿を表していたSamsung Galaxy A42 5G(SM-A426B)がSnapdragon 750G 5Gを搭載することが明らかになっています。

 

 

Source(1) | (2)