魅藍 S6(Meizu M6s)の製品箱が公開。mbluブランドの新ロゴが存在

1月17日に魅藍(mblu)ブランドのスマートフォンとして発表予定魅藍 S6(Meizu M6s)の製品箱が本日行われた魅藍事業部総裁の 李楠 氏と女性社員がPUBGをプレイする生放送にて公開されました。

放送内容はPUBGをプレイするだけ、という簡単なものでした。

 

公開された製品箱はサイズ感と色は見慣れたものになっていますが、製品名が中央より上に、その下には魅藍(mblu)ブランドのロゴが描かれています。

MEIZUにもロゴが存在しますが、今までに正面に書かれたことはありません。

製品名だけ書かれている箱もいいですが、ブランド展開を行っているので周知するためにこの様にロゴを描くのは得策と言えるでしょう。

 

魅藍 S6(Meizu M6s)はMEIZUのスマートフォンとして初めて18:9のアスペクト比の縦長ディスプレイを搭載する見込みで、長らく大事にしてきた触れると戻る、押し込むとホーム操作の出来たホームボタンのmTouchを排除したモデルになります。

中国版の魅藍 S6の内部名は“Meizu mblu S6”になりますが、グローバル展開される時の名称は“Meizu M6s”になります。

判明しているスペックは、Android 7.0 NougatをベースとしたFlyme 6、18:9の5.7インチのHD+ディスプレイ、SoCはSAMSUNG製Exynos 7872、2930mAhのバッテリーとなっています。

SAMSUNGとしては初めてミドルレンジモデル向けのSoCを他社に提供することになります。

 

Source