高級副総裁がMeizu Note8のサンプルフォトを公開。しかし夜には削除、一体何故

10月25日に発表予定のMeizu Note8(魅族 Note8)のサンプルフォトをMEIZUのCMO(最高マーケティング責任者)兼高級副総裁の李楠(Li Nan)氏が微博に公開しました。

 

公開されたサンプルフォトは双方とも夜景を撮影したものになっています。綺麗だとは思いますがこの紫色がかった写真はそのままを撮影しているのか、多少加工しているのかがわからないので評価が難しいところです。ただ、Meizu Note8は低価格なスマートフォンになるのでこの写真を誰でも撮影できるのであれば評価は高くなると思います。

Meizu Note8のメインカメラは1200万画素になることが確定しており、イメージセンサーにSONY IMX363の採用が期待されています。ただ、この李楠(Li Nan)氏が投稿したものにMEIZUの社員が「SAMSUNGは素晴らしいです」とリポストしています。これを意味するのがMeizu M6 NoteのようなメインカメラがSONY製イメージセンサーかSAMSUNG製イメージセンサーのいずれかになるものなのか、SAMSUNG製プロセッサーのISPが優れていることを表しているのかはわかりません。

ちなみにMeizu M6 NoteのメインカメラのイメージセンサーはSONY IMX362かSAMSUNG 2L7でした。

 

ちなみに投稿されたサンプルフォトのEXIF情報を見てみると撮影に使用された機器はMeizu M1822、絞り値はf/1.9、露出時間は1/2秒、ISO速度はISO-100、焦点距離は4mm、測光モードは中央重点測光、フラッシュモードはフラッシュなし(強制)、35mm焦点距離は23となっています。Meizu M1822はMeizu Note8を表しているので、投稿されたものはMeizu Note8で撮影された写真で間違いありません。

 

このサンプルフォトが公開されたのは日本時間で11:39ですが、21:00に確認してみるとこの投稿は削除されていました。いつも通りであるならば投稿はそのまま残すのですが、今回は珍しく削除されています。投稿が早すぎたのか、世間がiPhone XRやHUAWEI Mate 20に注目しているのでサンプルフォトを投稿することで注目を集めたかったのか、真実は李楠(Li Nan)氏のみが知っています。

 

 

Source(1) | Source(2)