魅藍 E3(Meizu E3)には緑色のバリエーションを用意?

3月21日に魅藍ブランドスマートフォンとして発表予定の魅藍 E3(Meizu E3/Meizu M6E)の新色に関する情報が微博に流出しました。

 

Meizu E3にはTENAA(中華人民共和国工業情報化部)によるとブラック・ゴールド・ブルーの3色展開であることがわかっていますが、今回リークしたのはグリーンです。中国語では緑黒と表され、深緑色の様な色合いになっています。MEIZUは今までにこの深緑色のモデルは販売しておらず、もし販売するのであれば初めて扱う色になります。

後日新たなカラーバリエーションとしてリリース予定のものがリークしたのか、画像編集ソフトを使って配色を変えたのかはわかっていません。

 

魅藍 E3(Meizu E3)はTENAA(中華人民共和国工業情報化部)によって公開されたスペックによりますと、型番はM851、Android 7.1.1 NougatをベースとしたFlyme 6を搭載し、18:9のアスペクト比の縦長ディスプレイを採用した5.99インチのFHD+(2160×1080)のTFT液晶ディスプレイ、CPUのクロック数が1.8GHzのオクタコア構成(Qualcomm Snapdragon 636?MediaTek Helio P38?)、RAM容量は4GB/6GBの2種類、内蔵ストレージは32GB/64GB/128GBの3種類、外部ストレージに対応、リアカメラは2000万画素と1200万画素のデュアルカメラ、フロントカメラは800万画素のシングルカメラ、バッテリー容量は3300mAhとなっています。

中国国外ではMeizu M6Eとして販売するのがグローバルマーケティング事業部CEOの Ard Boudeling 氏によって明らかにされています。

 

Source