Snapdragon 865 Plus 5Gの上位モデルが存在か、CPUとGPUの周波数が上昇

Snapdragon 865 Plus 5Gの上位モデルが存在か、CPUとGPUの周波数が上昇

Processor/Platform

韓国のコミュニティのCLIENにて、台湾初の情報としてQualcomm Snapdragon 865 Plus 5Gのさらなる上位モデルを開発中であることがリークされました。

 

現在Samsung Galaxy Note20やNote20 Ultra、Galaxy Z Fold2、ASUS ROG Phone 3が搭載しているSnapdragon 865 Plus 5Gは内部コードSM8250-ABを持っていますが、リーク情報によるとQualcommがSM8250-ACを準備しているようです。ABやACはQualcommの代表的な内部コードで、Snapdragon 730はSM7150-AA、Snapdragon 730GはSM7150-AB、Snapdragon 732GはSM7150-ACという感じで、性能が一番優れているのはACのSnapdragon 732Gとなっています。そのため、SM8250-ACはSM8250-ABの内部コードを持つSnapdragon 865 Plus 5Gよりも性能が高いモデルになる可能性があります。

 

更にリーク者によるとCPUはSnapdragon 865 Plus 5Gが3.1GHz+2.42GHz+1.8GHzになっていますが、SM8250-ACは3.12GHz+2.6GHz+1.8GHzにプライムコアとパフォーマンスコアの周波数が上昇するようです。更にGPUはAdreno 650 @670MHzからAdreno 650 @680MHzの10MHzの上昇となっているようです。

 

SM8250-ACは主に中国企業が採用すると見られていますが、各企業は2021年のハイエンドSoCのSnapdragon 875 5G(仮称)を搭載した新製品の開発に着手していると考えているので、現在におけるSM8250-ACの存在については信憑性がかなり低いです。

 

 

Source | Via