未発表SoC、Samsung Exynos 1080とExynos 981がBluetooth SIG認証を通過

未発表SoC、Samsung Exynos 1080とExynos 981がBluetooth SIG認証を通過

Processor/Platform

Samsung製未発表SoCとなるExynos 1080とExynos 981がBluetooth SIGの認証を通過していることが明らかになりました。

 

申請IDはD052668、Exynos 981は2020年10月30日付けでExynos 1080は2020年11月3日付けで認証を通過し、対応しているBluetoothのバージョンは現在最新となる5.2に対応しています。Bluetooth 5.2はBluetooth 5.0と最大通信速度は変わりませんが、複数の音楽再生デバイスの接続と電力管理の強化を図っています。

 

Exynos 1080は10月にZOL(中間村)によって行われた三星半導体中国研究所所長の潘学宝(Pan Xuebao)氏へのインタビューにて明らかになったSoCで、主なスペックは5nm製造プロセス、CPUにARM Cortex-A78をGPUにARM Mali-G78を採用した“ミドルレンジ製品”となり、AnTuTu Benchmark v8におけるスコアは65万点を超えていると話しています。また、SamsungはExynos 1080の発表会を11月12日に中国の上海市で開催することを明らかにしており、来週には詳細なスペックが明らかになります。

 

Exynos 981はvivo X30やvivo X30 Proが搭載したExynos 980のマイナーチェンジモデルになると考えられ、過去にSamsungはExynos 9610とExynos 9611を発表しこの両SoCの違いはCPUやGPUに差はなく最大対応画素数が2400万画素から6400万画素に変化しただけとなっていますが、Exynos 980は1億800万画素(108MP)を既に対応しているためこれ以上最大画素数を高くする必要はないように考えられるため、Exynos 981はExynos 980からCPUやGPUの周波数を調整する可能性があります。

 

 

Source