MEIZU Wireless Charger WP01 Review – Wireless charging is Great

MEIZU Wireless Charger WP01 Review – Wireless charging is Great

Meizu Review

MEIZUから販売されているワイヤレス充電器となるMEIZU Wireless Charger WP01を購入し、使用してみましたので簡単にレビューを行いたいと思います。

 

MEIZU Wireless Charger WP01は2018年6月に発表された製品で、Meizu製品においては当時は4月に発表されたTWSイヤホンのMeizu POPのみが対応しワイヤレス充電に対応したスマートフォンやタブレットは発表されていませんでした。翌年となる2019年、最大18Wのワイヤレス充電に対応したMeizu Zeroが発表されるという転機が訪れますが残念ながら商用機がリリースされることはありませんでした。そして更に翌年の2020年、最大27Wのワイヤレス充電に対応したQualcomm Snapdragon 865 5Gを搭載したMeizu 17 Proが発表され、今後最上位モデルにワイヤレス充電に対応することが確実視されるようになったため、「ワイヤレス充電はどの程度便利なのだろう」という疑問を解消するべくMEIZU Wireless Charger WP01を購入しました。ちなみに筆者はワイヤレス充電に対応したMeizu 17 Proではなく非対応のMeizu 17を所有しているため、今回はXiaomi Mi MIX 2Sを利用して快適度をチェックする所存です。

 

MEIZU Wireless Charger WP01には中国市場モデルと国際市場モデルがありますが基本的な仕様は一切変わらないと思っていたので安い店舗で注文したところ国際市場モデルが到着し、国際市場モデルが到着したことで気づいたことがあり、それは国際市場モデルのみ製品箱や製品にWPC(Wireless Power Consortium)が定めたワイヤレス充電規格Qiに対応していることが記載されていました。製品の仕様は中国市場モデルと国際市場モデルで差はありませんが、Qiに対応していると記載されている方が安心度は違います。

 

内容物はMEIZU Wireless Charger WP01本体、保証書兼説明書と不必要なものは付属していません。昨今Appleが環境保護の観点からiPhone 12シリーズにおいて充電器やイヤホンを付属させない施策を取っていていくつか高い評価を受けている現状にありますので、このMEIZU Wireless Charger WP01は“アクセサリー”の部類になりますが不必要なものが付属されていないというのは好評価です。

 

説明書には日本語もありますが機械翻訳となっており、なめらかな日本語ではありません。擁護するわけではありませんがMEIZU Wireless Charger WP01は日本市場向けに販売されていない製品なので機械翻訳でも日本語での記載があるというのは珍しいと考えており、更に全てが英語であった場合は理解が難しいところもありますが機械翻訳でも日本語で記されていると日本語話者ならば理解できるように変換できるため、この点も非常に評価が高いです。

 

また端子はUSB Standard-Aとなっており、昨今のGaN充電器でもUSB Standard-Aの採用はほぼ当たり前となっているので取り回しやすいのも好評価。ケーブルの長さは1mと少し長いかなという印象ですが短すぎるよりは長いほうがいいのでバランスが取れていると思います。

 

製品名 MEIZU Wireless Charger WP01
入力 5V/2A、9V/1.6A
出力 10W、7.5W、5W
保護 金属異物の識別、高温による短絡、過充電保護
材質 TPE+PC/ABS+亜鉛合金

仕様は上の通りで、HUAWEIの一部製品の最大66WやOnePlusの一部製品は最大30Wのワイヤレス充電に対応していますが、MEIZU Wireless Charger WP01は最大10Wとなっているため充電を行うことは可能ですが最大での充電はできません。

 

Xiaomi Mi MIX 2Sを充電台に置いてみるとすぐにワイヤレス充電が開始(緑色に光り充電が成功していることが確認できる)され、約9V/約0.8Aの約7.2Wでの充電に成功しました。これはXiaomi Mi MIX 2Sが最大7.5W充電であることが要因となって約7.2Wでの充電となっていますが、10Wの充電に対応した製品であればMEIZU Wireless Charger WP01が持つ最大の力を発揮することが出来るでしょう。そして、バッテリー容量が47%から8時間の睡眠を取る間、このMEIZU Wireless Charger WP01にXiaomi Mi MIX 2Sを乗せていたら起床時には100%になっており「置くだけで充電ができる」というのは意外と便利であることがわかりました。

 

充電にかかる時間は短いほど嬉しいことではありますが、睡眠時に高速な充電が必要かと言われたら首を傾げると思います。そのため、このMEIZU Wireless Charger WP01は睡眠時や作業中においては真価を発揮すると考えており、ワイヤレス充電の必要性がよくわかりました。ファイルが大容量化しているのでファイルのやり取りにケーブルを用いないという将来は近くに訪れないと考えていますが、ワイヤレスに何かを行うというのは急速に発展を続けていますので、その第一歩となるワイヤレス充電に慣れておくというのにはぴったりな製品だと思います。

 

MEIZU Wireless Charger WP01はAliExpressにて開店しているMEIZU Deals Storeにて購入し、2020年11月4日現在は9.99米ドル(約1,050円)にて販売されています。