Unisoc Tiger T710を発表、4コアのARM Cortex-A75やデュアルコアのNPUが特徴

Unisoc Tiger T710を発表、4コアのARM Cortex-A75やデュアルコアのNPUが特徴
スポンサーリンク

中国のUnisoc(紫光展鋭)が8月27日に北京で行われたメディア向け発表会にて新プロセッサーとしてUnisoc Tiger T710(紫光展鋭 虎賁T710)を発表しました。UnisocはSpreadtrumとRDAの合併により生まれた企業です。Unisocのプロセッサーは日本市場向けに販売されている機種に搭載された例はなく、主に新興国向け機種に搭載されています。

 

名称 Tiger T710 Tiger T618 Tiger T310
CPU 4xA75 + 4xA55 2xA75 + 6xA55 1xA75 + 3xA55
クロック数 2.0GHz + 1.8GHz 2.0GHz + 1.8GHz 2.0GHz + 1.8GHz
GPU PowerVR GM 9446 Mali-G52 MP2 PowerVR GE8300
クロック数 800MHz 850MHz
LTE Cat
製造プロセス 12nm FinFET 12nm FinFET 12nm FinFET

Unisoc Tiger T710はTigerシリーズの中で最高位のスペック、性能を有しています。大きな特徴として4コアのARM Cortex-A75を採用している点で、競合他社は2コアが最大です。CPU性能はCortex-A75を搭載しているプロセッサーやプラットフォームの中では高水準の性能を計測するでしょう。

GPUはImagination Technologies製のPowerVR GM 9446を採用。クロック数は800MHzと公開されていますが、コア数が不明なのでどの程度の性能を叩き出すのか気になります。

 

UnisocによるとTiger T710のこだわりはAI性能で、革新的なデュアルコアのNPUを採用することによってAI性能を計測することが出来るベンチマークのAI Benchmarkで7月31日時点で28,097点でトップに立ちました。9月2日現在でもトップに君臨しており、Qualcomm Snapdragon 855 PlusやHuawei Kirin 810とは4,000点から5,000点の差があります。

 

この他4K@30fpsコーデック、802.11ac、Bluetooth 5.0に対応。製造プロセスは台湾TSMC製12nm FinFET、通信はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/CDMA/GSMに対応し、中国における3大キャリアの中国移動と中国聯通、中国電信の通信帯域に全て対応しています。

 

 

Source