Flyme 9搭載MEIZU 18シリーズが、0広告・0プッシュ通知・0プリインストールの「三零携帯電話」を達成

Flyme 9搭載MEIZU 18シリーズが、0広告・0プッシュ通知・0プリインストールの「三零携帯電話」を達成

Flyme Update

MEIZUはFlyme 9を搭載したMEIZU 18MEIZU 18 Proにおいて、0広告、0プッシュ通知、0プリインストールを行い、三零携帯電話を達成したことを明らかにしました。

 

MIEIZUは多くの人々のホーム画面には多数のサードパーティのプリインストールアプリが、時間を確認しようと思ったら通知欄にはサードパーティのプリインストールからの大量の通知が表示されており、これはユーザーの自由を奪っていると考察。

 

この様な状態になっているのは、広告などを導入することで製品の価格が低価格になり、その低価格の結果ユーザーが増え、ユーザーが増えることで更に広告を導入するといった悪循環が発生していると考察しています。それによってユーザー体験を長期に悪影響を及ぼしており、この悪循環を続けるのは良くないと発表。

 

その悪循環を断ち切るため、MEIZUは営利目的のビジネスよりも製品の完成度を有線。

 

ユーザーのプライバシーを守ることに注力したカスタムスキンのFlyme 9は、0広告、0プッシュ通知、0プリインストールを達成。

 

0広告はMEIZU謹製アプリにおけるスプラッシュ広告からアプリ内に配置されている広告を完全に消去、0プッシュ通知はMEIZU謹製アプリにおける全てのプッシュ通知を行わない、0プリインストールはスマートフォンを構成する上で必要なMEIZU謹製アプリは存在するがサードパーティのプリインストールアプリは存在しないことを意味しています。

 

MEIZU 18シリーズのMEIZU 18とMEIZU 18 Proは、この3つの0を達成した携帯電話として「三零携帯電話」と命名。(日本語の意味として“零”は「わずか」や「きわめて小さい」という意味があるため、三0携帯電話や三無携帯電話が正しい翻訳かもしれないです。)

 

この「三零携帯電話」のMEIZU 18のデフォルトでのプリインストールアプリは30個、MEIZU 18 Proは31個となっており、MEIZU 18とMEIZU 18 Proで1個違うのは、MEIZU 18 ProはARに対応しているためARアプリがインストールされていることが要因です。

 

某果や某米、某Oはあなたが想像している企業そのままです。

 

Flyme 9とMEIZU 18シリーズはPure OSのビジョンを見せてくれると発表。Pure OSとPure Androidは異なり、後者のPure AndroidはPixelシリーズやAndroid One製品が搭載しているAndroid OSが該当し、Pure OSはAndroid OSをカスタマイズしているが良い意味で“汚れた部分がない”ものを意味しています。

 

このPure OSによって「ユーザーの自由こそがインターネットの真の意味」を実現します。

 

本当に優れた携帯電話は例えどんなに性能が優れていても、広告にまみれた携帯電話ではなく、MEIZU 18シリーズが達成した「三零携帯電話」なのかもしれません。