Meizu 16th/16th PlusにTWRPの導入に成功した開発者がLineage OS 16のインストールに成功

先日Qualcomm Snapdragon 845を搭載したMeizu 16th及びMeizu 16th PlusにカスタムリカバリーのTWRPの導入に成功した開発者がカスタムROMのLineage OS 16(Android 9 Pie)のインストールに成功したことを微博で告知しました。

 

開発者はMIUI 10をインストールしたところバグがたくさんあったと報告し、Lineage OS 16をインストールしたところ大きなバグはなかったと報告しています。バージョンには“treble”の文字があり、開発者はPT(Project Treble)をサポートしている旨の発言をしていますので、今回はsGSI(Semi Generic System Image) ROMを用いてインストールしたと考えています。

Project Trebleのサポートが完全であるならばほぼ全てのカスタムROMのインストールが可能になるので、Snapdragon 845を搭載しながらイヤホンジャックを有するMeizu 16thは人気が出る可能性を秘めています。ただ、今の所TWRPやカスタムROMのインストールに成功したのはこの開発者しかおらず、もし彼がその方法を公開したけれども難解な手順を踏まないとインストール出来ないのであれば注目は集めますが人気は出ない可能性はあります。

 

ちなみに開発者はMeizu 16thを用いて様々なカスタムを施していますが、Meizu 16thとMeizu 16th Plusのスペックは画面サイズやバッテリー容量が違うだけで殆ど変わらないので、どちらかに導入が成功すると片方も自ずと成功します。ですので彼がMeizu 16thで開発して何かに成功した場合はMeizu 16th Plusでも同じ様に行為を行うことが出来、中国版しか存在しないMeizu 16th Plusを購入する意味も出てきます。

 

 

Source | 参考