Meizu 16th、Meizu 15、Meizu 15 Lite、Meizu M3 Maxをインド市場に投入へ。BIS強制登録の認証を通過

インドのBIS(Bureau of Indian Standard)強制登録にQualcomm Snapdragon 845を搭載したMeizu 16th、Snapdragon 660を搭載したMeizu 15、Snapdragon 626を搭載したMeizu 15 Lite、MediaTek Helio P10を搭載したMeizu M3 Maxが認証を通過しました。

 

今回認証を通過したのは2015年9月12日になっていますが、それ以降に発表されているM685H(2016年)やM792H(2017年)などが認証を通過していますので、この認証は更新され続けていることがわかります。同じカテゴリーとして認証を通過しているのはM575H(Meizu MX5)、M685H(Meizu MX6)、M792H(Meizu PRO 7)、M871H(Meizu 15 Lite)、M881H(Meizu 15)、M882H(Meizu 16th)、S685H(Meizu M3 Max)の7機種です。この中でインド市場向けに発表されていないのはMeizu MX6、Meizu 15 Lite、Meizu 15、Meizu 16th、Meizu M3 Maxの5機種です。

Meizu MX6やMeizu M3 Maxは2016年に発表されたスマートフォンで、2018年も終わりに差し掛かっているのに発表するのは甚だ疑問ですが、認証を通過したということは発表する可能性を秘めています。

 

Meizu 16thやMeizu 15、Meizu 15 Liteは2018年に発表されたスマートフォンです。特にMeizu 16thは中国で8月に発表された製品で、いつも半年から1年発表が遅れるインド市場では比較的かなり新しいスマートフォンが投入されることになります。

中国国外市場向けMeizu 16thの主なスペックは、型番はM882H、Android 8.1.0 OreoをベースとしたFlyme 7を搭載し、6.0インチのFHD+(2160×1080)のSuper AMOLEDディスプレイ、SoCはQualcomm Snapdragon 845 Mobile Platform、GPUはQualcomm Adreno 630、容量は6GB+64GB/8GB+128GBの2モデル展開、外部ストレージに非対応、リアカメラは1200万画素+2000万画素のデュアルカメラ、フロントカメラは2000万画素のシングルカメラ、バッテリー容量は3010mAhとなっています。

 

 

Source(1) | Source(2)