Meizu 16thとMeizu 16th PlusにTWRPの導入に成功したと報告される

MEIZUが8月に発表したQualcomm Snapdragon 845を搭載したMeizu 16thMeizu 16th PlusにカスタムリカバリーのTWRPの導入に成功したと報告されました。TWRPの導入が一般化されるとカスタムROMの開発が行われやすくなります。

 

微博ユーザーは「Meizu 16thとMeizu 16th PlusにTWRPの導入に成功した」と投稿し、Magiskの導入に成功している様子やTWRPの導入に成功している画像を添付しています。彼は過去にMeizu M6 NoteにXiaomi製カスタムUIのMIUIの導入に成功しており、その後Meizu M6 Noteのブートローダーアンロックの方法やTWRP導入の方法が明らかにされたので実績のある人です。

今は導入に成功したと報告しているのに留まっており、一般の人が導入することは現時点では不可能です。Meizu 16thとMeizu 16th Plusのスペックは画面サイズやバッテリー容量が違うだけで殆ど変わらないので、どちらかに導入が成功すると片方も自ずと成功します。

 

TWRPの導入に成功するとカスタムROMのインストールが可能になりますので、カスタムROM愛好家にとってはこの導入に成功したというニュースは非常に大事です。ただ、MEIZUはカーネルソースを公開していませんので開発者は動かない可能性が高く、せっかくTWRPが導入できてもカスタムROMが開発されないという未来があります。

彼が方法を公開し、MEIZUがカーネルソースを公開した時開発者が興味を持つのか気になります。

 

Source