Snapdragon 865 Plus 5GのGPUの最大周波数は670MHzで確定

Snapdragon 865 Plus 5GのGPUの最大周波数は670MHzで確定

Processor/Platform

Qualcomm Snapdragon 865 5Gのオーバークロック版となるSnapdragon 865 Plus 5G(Snapdragon 865+ 5G)のGPUの周波数が明らかになりました。

 

中国市場向けSamsung Galaxy Z Flip 5GはSnapdragon 865 Plus 5Gを搭載しており、肥威(Fei Wei)氏はその機種からログを取得し解析した所、GPUの最大周波数が670MHzであることを特定。QualcommはGPUを自社開発しているので直接的な競合製品がないため基本的に周波数を公開していません。そのため、Snapdragonの周波数を特定するには今回のように搭載機のログを取得し解析をするといった方法やKernel Sourceから特定するといった方法が取られています。

 

ベースモデルとなるSnapdragon 865 5Gの周波数は587MHzのため、83MHzの上昇となっています。QualcommはSnapdragon 865 Plus 5GのGPU性能はSnapdragon 865 5Gと比較して10%の性能向上が出来ていると謳っており、このわずかな“83MHz”の上昇で大きい性能向上が出来ていることを考えるとQualcommの開発能力の高さが伺えます。

 

今現在Snapdragon 865 Plus 5G搭載機として発表されているのはSamsung Galaxy Z Flip 5G、Lenovo Legion Phone Duel、ASUS ROG Phone 3(一部モデル)となっており、今後はもう少し増えると考えています。

 

Source