Snapdragon 778G 5GのAnTuTuスコアが判明。VS. 780G 5G、768G 5G、765G 5G

Snapdragon 778G 5GのAnTuTuスコアが判明。VS. 780G 5G、768G 5G、765G 5G

Snapdragon 778G 5Gを初搭載したHONOR 50とHONOR 50 Proが発表されたため、AnTuTu Benchmark v9スコアが明らかになりました。今回判明したスコアをSnapdragon 780G 5G、Snapdragon 768G 5G、Snapdragon 765G 5G(以下Snapdragon 778 5G以外S+数字+Gで表現/例: S780G)と比較します。

 

HONOR 50および50 Proが採用しているAndroid 11ベースのMagic UI 4.2にはSoCの性能を最大限利用できるパフォーマンスモード(競合他社製品の通常)とノーマルモードがありますが、今回は前者のパフォーマンスモードのスコアを採用しています。

 

Snapdragon 778G 5Gの基本的なスペックは、TSMC製6nm EUV、CPUはKryo 670(4xA78 2.4GHz+4xA55 1.8GHz)のオクタコア構成、GPUはAdreno 642L @550MHz、RAM規格はLPDDR5(3200MHz)、5G通信対応となっています。

 

GPUはSnapdragon 778G 5GとS780Gは“Adreno 642”を採用していますが、前者は“L”が付与されたAdreno 642Lを搭載しています。“L”は低いを表す“Low”からきているので、通常のAdreno 642より少し劣ったGPUとなります。しかし、周波数はSnapdragon 778G 5Gの方が高く設定されています。

 

命名から考えるとS780Gの廉価製品の位置づけですが、LPDDR5対応やFR2定義のmmWave対応など優れている点がいくつか存在しています。特にmmWave対応についてはアメリカ合衆国のVerizonがS765Gを搭載したmmWave対応製品をいくつか発表しており、S780Gでは後継製品を生み出せない状況でしたのでSnapdragon 778G 5Gの存在は大きいでしょう。

 

Snapdragon 778G 5GのAnTuTu Benchmark v9スコアはCPU性能が156,368点、GPU性能が155,734点、MEM性能が84,467点、UX性能が125,125点で総合性能は521,694点となりました。

 

QualcommはS768Gの後継製品として発表しているので比較すると、CPU性能は約24%、GPU性能は約35%も向上しています。要因としてCPU構成を1xA76+1xA76から4xA78へ大きな変更、GPUは世代の向上が考えられます。特にGPUはSnapdragon 888 5GのAdreno 660をベースとしているので、最先端の技術がふんだんに採用されています。

 

S780Gと比較するとCPU性能とGPU性能ともにS780Gが優れ、GPUはAdreno 642 @490MHzとAdreno 642L @550MHzで後者の方が周波数が高いですが“L”が付与されている通りに純粋なAdreno 642が優れました。Qualcommの命名通りにS780Gの廉価性能になっており、わかりやすい製品展開です。

 

 

Snapdragon 778G 5G初搭載製品のHONOR 50とHONOR 50 Proの主なスペックは、Android 11ベースのMagic UI 4.2、120Hz 6.57インチ FHD+(2340x1080) OLED(Pro: 120Hz 6.72インチ FHD+(2676x1236) OLED)、リアカメラは1億800万画素+800万画素+200万画素+200万画素、フロントカメラは3200万画素(Pro: 3200万画素+1200万画素)、バッテリー容量は4300mAh(Pro: 4000mAh)となっています。

 

容量はHONOR 50が8GB+128GBと8GB+256GBと12GB+256GBの3モデル展開、HONOR 50 Proが8GB+256GBと12GB+256GBの2モデル展開で、価格はHONOR 50が2699元(約46,000円)と2999元(約51,000円)と3399元(約58,000円)、HONOR 50 Proが3699元(約63,000円)と3999元(約68,000円)に設定されています。

 

販売開始日は2021年6月25日10:08(日本時間: 11:08)です。