Qualcomm、Snapdragon 8 Gen 4はArm版とNUVIA版の双方を開発中

Qualcomm、Snapdragon 8 Gen 4はArm版とNUVIA版の双方を開発中

※ 本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

来年の2024年Q4 (10月-12月)に発表が予想されているSnapdragon 8 Gen 4は、Qualcommが買収したNUVIA製CPUを採用すると見られていますが、現時点ではArm版Snapdragon 8 Gen 4も開発していることが明らかになりました。

 

中国の情報通の@数碼閑聊站氏によると、QualcommはSM8750ことSnapdragon 8 Gen 4を開発していますが、Armとのライセンス問題によってNUVIA版とArm版を開発していると明らかにしました。

 

そして、開発中のSnapdragon 8 Gen 4はいずれも超高性能なコアを2基と高性能なコアを6基の2+6構成を採用しているようです。超高性能コア+高性能コアを組み合わせており、高効率なコアは採用しない方向で開発が進められています。

 

Meizu 20シリーズやXiaomi 13シリーズが採用したSnapdragon 8 Gen 2のCPUは複雑な構成を採用しており、超高性能なCortex-X3を含む1+2+2+3構成となっています。

 

ちなみに、NUVIA製CPUの超高性能コアの名称はPhoenix-L、高性能コアはPhoenix-Mと判明しています。高効率なコアはPhoenix-Sと見られ、これはウェアラブル向けSoCに採用すると考えています。

 

共通して自社開発CPUの名称にPhoenixを採用し、役割によって「L」と「M」、「S」の名称が付与されています。それぞれLarge、Medium、Smallを意味していると思います。NUVIA製CPUはOryon (オライオン)と判明していますが、これは現在のKryo (クライオ)に相当する名称で、PhoenixはCortexに相当する名称です。

 

QualcommがNUVIA版とArm版を開発しているのはArmとのライセンス問題もあると思いますが、NUVIA製CPUの実力を知るための対照実験を正しく行うためだと思います。この実験を行わないと自社開発CPUの長所と短所がわかりませんので、Arm版も開発していると考えています。

 

 

Source | 参考(1) | (2)