魅藍シリーズ生誕3周年を祝ってMeizu M3Xが200元とMeizu M2 Eが100元値下げ

魅藍シリーズ生誕3周年を祝ってMeizu M3Xが200元とMeizu M2 Eが100元値下げ

Meizu M2 E

MEIZUの中価格から低価格のシリーズの魅藍(Meilan/M-Series/mblu)が12月23日で生誕3周年を迎えることを祝ってMeizu M3X(3+32GB)が200元、Meizu M2 E(3+32GB)が100元値下げされます。

魅藍シリーズはMediaTek MT6752を搭載したMeizu m1 noteから始まり、2015年はそのシリーズ展開が成功して大幅に出荷台数を増やし、今ではMEIZUの主要ブランド・シリーズになっています。

 

Meizu M3X、Meizu M2 Eの共通のスペックはAndroid 6.0.1 MarshmallowをベースとしたFlyme 6、5.5インチFHDディスプレイ、SoCはMediaTek Helio P20(MT6757)、GPUはMali-T880 MP2となっています。

Meizu M3Xはリアカメラが1200万画素(IMX386)、フロントカメラが500万画素、バッテリーの容量は3200mAhで、Meizu M2 Eはリアカメラが1300万画素、フロントカメラが800万画素、バッテリーの容量は3200mAhです。

 

それぞれ価格は1199元(約20,500円)から200元(約3,500円)値下げされて999元(約17,000円)と999元から100元(約1,700円)値下げされて899元(約15,500円)になり、1000元という壁を突き破った価格になります。

 

Meizu M2 Eにはトランスフォーマーとコラボした限定版が有り、ReaMEIZUではそのモデルをレビューしています。

是非ご覧ください。

 

Source