Meizu 16th/16th Plusを4月3日より最大300元(約5,000円)値下げ

2018年8月に発表されたQualcomm Snapdragon 845を搭載したMeizu 16thMeizu 16th Plusを4月3日より中国市場において最大300元(約5,000円)の値下げを行うことを告知しました。

値下げが導入される店舗は魅族商城、天猫、京東、蘇寧の4つです。

 

Meizu 16thは6GB+64GB、6GB+128GB、8GB+128GBの3モデル展開が行われています。ブラックとホワイトの6GB+64GBモデルは2298元(約38,000円)、6GB+128GBモデルが2598元(約45,000円)、8GB+128GBモデルが2798元(約46,500円)です。更にグラデーションカラーを採用したオーロラブルーの6GB+128GBモデルが2698元(約45,000円)、8GB+128GBモデルが2898元(約48,000円)に変更されます。

大画面モデルのMeizu 16th Plusは6GB+128GB、8GB+128GB、8GB+256GBの3モデル展開が行われており、ブラックとホワイトの6GB+128GBモデルが2698元(約45,000円)、8GB+128GBモデルが2898元(約48,000円)、8GB+256GBモデルが3398元(約56,500円)です。グラデーションカラーのオーロラブルーの6GB+128GBモデルが2798元(約46,500円)、8GB+128GBモデルが2998元(約50,000円)、8GB+256GBモデルが3498元(約58,000円)に変更されます。

 

Meizu 16thは200元、Meizu 16th Plusは300元の値下げが行われることになります。今回の値下げはMeizu 16“th”シリーズとなり、Snapdragon 710を搭載したMeizu 16 Xは含まれていません。Meizu 16 Xを含む場合の名称はMeizu 16シリーズとなり、微妙に異なっているので注意してください。

2017年以前のMeizuは値下げが発表されても後継機が発表されることはありませんでしたが、以降のMeizuは後継機の発表前に値下げが目立ちます。今回、Meizu 16thとMeizu 16th Plusの後継機としてSnapdragon 855を搭載したMeizu 16sとMeizu 16s Plusの開発がCEOの黄章(Jack Wong)氏によって明らかにされており、これらの機種の発表会が近いと考えることが出来ます。

 

今回の値下げは中国市場向けとなっており、MeizuがAliExpressにて開店しているMEIZU Official Storeでも値下げが反映されるかは今のところ分っていません。購入しようか悩んでいる人はもう少し待ってみるといいかもしれません。

 

 

Source