Meizu 16th/16th Plusに新色として極光藍(オーロラブルー)を追加

9月19日に開催されたMeizu 16 Xの発表会で、8月に発表されたQualcomm Snapdragon 845を搭載したMeizu 16thMeizu 16th Plusに新色として極光藍(オーロラブルー)を追加することを発表しました。

 

スペックに変化はなく、カラーのみ追加されたということでこれについての発表は短く終わりました。

Meizu 16thとMeizu 16th Plusのスペックは、Android 8.1.0 OreoをベースとしたFlyme 7を搭載し、6.0インチ/6.5インチのFHD+(2160×1080)のSuper AMOLEDディスプレイ、SoCはQualcomm Snapdragon 845 Mobile Platform、容量は6GB+64GB/6GB+128GB/8GB+128GBと6GB+128GB/8GB+128GB/8GB+256GBの3モデル展開、外部ストレージに非対応、リアカメラは1200万画素+2000万画素のデュアルカメラ、フロントカメラは2000万画素のシングルカメラ、バッテリー容量は3010mAh/3640mAhとなっています。

 

価格に変更があり、極光藍の全てのモデルで100元(約1,600円)値上げをしています。既に販売しているブラックとホワイトの価格に変更はありません。

Meizu 16thの6GB+64GBモデルが2798元(約46,000円)、6GB+128GBモデルが3098元(約51,000円)、8GB+128GBモデルが3398元(約55,500円)、Meizu 16th Plusの6GB+128GBモデルが3298元(約54,000円)、8GB+128GBモデルが3598元(約59,000円)、8GB+256GBモデルが4098元(約67,000円)となっています。

販売開始日は2018年9月26日10:00(CST)より魅族商城や天猫、京東などで行われます。