MEIZU初のノッチデザインとなるMeizu X8を発表。Qualcomm Snapdragon 710を搭載

9月19日に開催されたMeizu 16 Xの発表会にてMeizu X8(魅族 X8)を発表しました。Meizu X8はCEOの黄章(Jack Wong)によってXiaomiのQualcomm Snapdragon 710搭載スマートフォンのXiaomi Mi 8 SEに対抗して開発していることが伝えられていました。

製品の全貌としてはMeizu 16 Xの下位方向のマイナーチェンジモデルで、Meizu 16thとMeizu 16th Plusの廉価モデルとして開発されているMeizu 16 Xよりも低価格にするために努力した片鱗がいくつも見えます。

 

Meizu X8の主なスペックは、型番はM852Q(?)、Android 8.1.0 OreoをベースとしたFlyme 7を搭載し、6.2インチのFHD+(2220×1080)のLCDディスプレイ、SoCはQualcomm Snapdragon 710 Mobile Platform、GPUはQualcomm Adeno 616、容量は4GB+64GB/6GB+64GB/6GB+128GBの3モデル展開、外部ストレージに非対応、リアカメラは1200万画素と500万画素のデュアルカメラ、フロントカメラは2000万画素のシングルカメラ、バッテリー容量は3210mAhとなっています。カラー展開はブラック/ホワイト/ブルーの3色です。

価格は4GB+64GBモデルが1598元(約26,000円)、6GB+64GBモデルが1798元(約29,500円)、6GB+128GBモデルが1998元(約33,000円)で、販売開始日は11月1日です。

 

発表会の様子

Meizu 16 Xの発表会で突如新スマートフォンのMeizu X8を発表。

 

CEOが忌避しているノッチデザインを初採用したスマートフォンになります。ノッチ部分には顔認証速度、性能を高める装置が配置されています。

このスマートフォンの売れ行きによってはMEIZUスマートフォンがノッチデザインを採用していくと考えています。

 

前面カメラは2000万画素でMeizu 16thとMeizu 16th Plusと同じ。低価格モデルながら自撮り需要にはきっちりと応えます。

 

ノッチデザインを採用しているので18.5:9のアスペクト比、6.15インチのディスプレイとなっています。Xiaomi Mi 8 SE対抗なので解像度はFHD+です。

 

iPhone XRのディスプレイと同じ品質のようです。

 

ベゼルは上部が2.84mm、左右が1.7mm、下部が4.8mmとなっています。

 

カラー展開はブラック、ホワイト、ブルーの3色展開です。

 

SoCはMeizu 16 Xと同じくQualcomm Snapdragon 710を搭載。SoC部分までXiaomi Mi 8 SEに対抗していきます。

 

バッテリー容量は3210mAhと標準の容量。Snapdragon 710は省電力性に優れていますので、4000mAhは必要ないでしょう。

 

Meizu X8のアピールポイント羅列、アピールポイントはSnapdragon 710やSONY IMX 362が大きいでしょうか。

 

4GB+64GBモデルが1598元(約26,000円)。

 

6GB+64GBモデルが1798元(約29,500円)、6GB+128GBモデルが1998元(約33,000円)となっています。

 

販売開始日は2018年11月1日とかなり先です。10月を間に挟むことになります。