Meizu 16s Proの発表会を8月28日に開催

Meizuは8月28日に新製品となるMeizu 16s Proの発表会を開催することを告知しました。

 

招待状は新聞さながらの魅族頭条(Meizu News)が配布され、今までのMeizuの事やこれからの展望が記されています。Meizuは昔から招待状には思考を凝らしており、Samsung Exynos 7872を搭載した魅藍S6(Meizu M6s)の際にはレンガを、Qualcomm Snapdragon 845を搭載したMeizu 16th/16th Plusの際には食品サンプルのお肉とナイフが付属されていました。

今回の招待状もMeizuらしさ表れるものなので、“こだわり”はまだまだ残っているようです。

 

発表会の会場は珠海大劇院(Zhuhai Opera House)で、奇しくも2017年7月26日に開催されたMeizu PRO 7シリーズの発表会会場と同じです。同製品はMeizu製品としては初めてのデュアルカメラ、業界では珍しいデュアルタッチスクリーンを搭載したことで大きな注目を集めましたがMeizuが継続的にアップデートを行うことが出来ず落胆の声、更には呪われたMediaTek Helio X30を採用したことで泥舟に乗った企業運営を続けていくことになります。

今回発表されるMeizu 16s Proはその悪い流れを断ち切ることが出来るでしょうか。

 

Meizu 16s Proは4月に発表されたMeizu 16sのアップグレードモデルになる見込みですが、どの程度スペックアップされるのか不明です。Meizu 16sはSnapdragon 855を搭載していますのでマイナーチェンジモデルとなるSnapdragon 855 Plusの搭載が期待されていますが、Qualcommが微博にSnapdragon 855 Plusを発表したことを伝えた投稿にMeizuは無反応でしたので、望み薄の現状ではあります。

 

Source