魅藍 S6(Meizu mblu S6/Meizu M6s)の発表前日を告知する画像はディスプレイについて

魅藍 S6(Meizu mblu S6/Meizu M6s)の発表前日を告知する画像はディスプレイについて

1月17日に魅藍(mblu)ブランドとして発表予定魅藍 S6(Meizu M6s)の発表会2日前を予告する画像が公開され、カメラに関する内容であることがわかりました。

ちなみに5日前を表す画像は、中国版には指紋認証のアイコンが書かれているのに対し、海外では何も書かれていませんでした。

4日前を表す画像は、どちらも同じで搭載されるSoCにCPUにARM Cortex-A73が採用されていることをアピールしています。

3日前を表す画像は、ナビゲーションバーについてとなっています。

2日前を表す画像は、カメラについてです。

 

投稿された画像はディスプレイについてとなっており、中国ではフルスクリーンと18:9のアスペクト比、海外ではedge-to-edge display(ベゼルレス)と書かれています。

魅藍 S6(Meizu mblu S6/Meizu M6s)は18:9の縦長ディスプレイを搭載するとリークされていましたが、今回の告知によって確定となります。

そして、MEIZUとしては初めてこのアスペクト比を搭載したスマートフォンをリリースすることになります。

 

魅藍 S6(Meizu M6s)はスペックシートが流出したためスペックが判明しており、魅藍 S6(Meizu M6s)のスペックは、Android 7.0 NougatをベースとしたFlyme 6.0、5.7インチHD+(1440 x 720)ディスプレイ、SoCはSAMSUNG Exynos 7872、GPUはARM Mali-G71 MP1、リアカメラが1600万画素、フロントカメラが800万画素、RAM 3GB(LPDDR3) + 内蔵ストレージ 32GB / 64GBの2モデル展開、バッテリーの容量が3000mAhです。

ミドルレンジクラスのスマートフォンとなっています。

 

魅藍 S6(Meizu M6s)はMEIZUのスマートフォンとして初めて18:9のアスペクト比の縦長ディスプレイを搭載する見込みで、長らく大事にしてきた触れると戻る、押し込むとホーム操作の出来たホームボタンのmTouchを排除したモデルになります。

中国版の魅藍 S6の内部名は“Meizu mblu S6”になりますが、グローバル展開される時の名称は“Meizu M6s”になります。

SAMSUNGとしては初めてミドルレンジモデル向けのSoCを他社に提供することになります。

 

Source