香港市場向けにMeizu 16sを発表、7月10日から販売開始

香港市場向けにMeizu 16sを発表、7月10日から販売開始
スポンサーリンク

香港市場向けにQualcomm Snapdragon 855を搭載したMeizu 16sを発表し、7月10日から販売開始することをFacebookの公式アカウントが伝えました。

 

Meizu 16sは中国市場向けに4月23日に発表された製品で、Snapdragon 855や4800万画素カメラ、対称美学を追求したデザインを採用しています。リアカメラは昨今のフラッグシップモデルでは当たり前となっているトリプルカメラではなくデュアルカメラを採用していますが、Meizu 16sはOISを搭載していますのでOISの無いトリプルカメラを採用した機種よりも綺麗な写真が撮影できる瞬間が増えます。

 

中国市場では6GB+128GBと8GB+128GB、8GB+256GBの3モデル展開が行われていますが、香港市場では8GB+128GBモデルのみを販売。カラー展開はブラック(碳繊黒)とホワイト(凝光白)とオーロラブルー(幻影藍)が存在していますが、ブラックとオーロラブルーの販売です。

価格は3,599香港ドル(約50,000円)に設定されており、販売はMeizu香港公式オンラインストア、csl、Wilson、Suningが行います。

 

国際市場向けMeizu 16sのスペックはAndroid 9 PieをベースとしたFlyme OS(Flyme 7.3)、6.2インチSuper AMOLEDディスプレイ(2232×1080/FHD+)、Qualcomm Snapdragon 855、リアカメラは4800万画素(Sony IMX586/f値1.7)+2000万画素(IMX350/f値2.6)のデュアルカメラ(OIS)、フロントカメラは2000万画素(Samsung 3T2/f値2.2)のシングルカメラ、容量は6GB+128GB/8GB+128GBの2モデル、バッテリー容量は3600mAh、カラー展開はブラック(碳繊黒)とホワイト(凝光白)とオーロラブルー(幻影藍)の3色展開。

 

 

Source