Meizu 16sは3299元になる可能性。CEOの黄章(Jack Wong)氏が構想を明かす

Qualcomm Snapdragon 855を搭載することがわかっている次期旗艦シリーズとして展開されるMeizu 16sとMeizu 16s Plusの価格を明かしました。

 

CEOの黄章(Jack Wong)氏はMeizu 16sの価格についてMeizu bbsの利用者に尋ねられた所、3299元(約54,500円)に対しては「サポートが可能だ」と回答したのに対し、Xiaomi Mi 9が2999元(約49,500円)なので2998元ではどうだという問いに対しては「余裕がない」と回答しました。

Snapdragon 845を搭載したMeizu 16thはXiaomi Mi 8よりも1元安い価格展開をしましたが、Meizu 16sはXiaomi Mi 9よりも高くなる予定です。

 

今のMeizuは価格の最後を“8”にしていますので、現実的には3298元になるでしょう。そもそもハードウェアの利益率を5%にしているXiaomiでさえSnapdragon 855を搭載したXiaomi Mi 9が2999元という高価な価格設定なので、Meizuがそれ未満にするのは非常に難しいでしょう。

 

Meizu 16s/16s PlusはQualcomm Snapdragon 855を搭載し、4800万画素のSony製IMX586イメージセンサー+OISを搭載、NFCを搭載、ワイヤレス充電はMeizu 16s Plusのみ搭載することがわかっています。

 

 

Source