MediaTek Dimensity 820はXiaomiが開発に助力、最大6ヶ月の独占か

MediaTek Dimensity 820はXiaomiが開発に助力、最大6ヶ月の独占か

Processor/Platform

先日発表されたMediaTek製ミドルレンジ帯向けプロセッサーのMediaTek Dimensity 820(MT6875)はMediaTekとXiaomi(Redmi)の合作品であることが明らかになりました。

 

Dimensity 820は台湾TSMC製7nm FinFETを採用し、CPUは4xARM Cortex-A76(2.6GHz)+4xARM Cortex-A55(2.0GHz)のオクタコア構成、GPUはARM Mali-G57 MC5 @900MHzというスペックを有し、AnTuTu Benchmark v8スコアは41万点を超えています。そんなDimensity 820はMediaTekとXiaomiのサブブランドRedmiと共同で開発されたプロセッサーであることが数碼閑聊站氏によって明らかにされました。同氏はリーク情報の的中率が高く、Dimensity 820は当初Dimensity 800+として発表されると考えていましたが、同氏はDimensity 820として発表されるといち早く情報を流した過去がありますので、一定の信頼性はあると考えています。

 

その合作品のDimensity 820はXiaomiとRedmiが最大6ヶ月独占すると予想されています。Dimensity 820は2020年5月に発表されていますので最大同年11月までXiaomiとRedmi製品以外でDimensity 820搭載製品が現れない可能性があります。その間はDimensity 800が他の企業に供給され、中国最大手のHuaweiとHonorが採用する見込みです。Huawei製品においてはHuawei Enjoy ZがDimensity 800を搭載すると予想されており、5月24日に発表会が開催され発表される見込みです。

 

 

Source