M1搭載iPad Proのイメージセンサーが判明

M1搭載iPad Proのイメージセンサーが判明

2021年7月21日

非常に高性能なSoCのApple M1を搭載した第3世代iPad Pro 11-inchと第5世代iPad Pro 12.9-inchのイメージセンサーが判明しました。この2製品は発表年に合わせてiPad Pro 2021と呼ばれることもあります。

 

両製品は1200万画素(広角)+1200万画素(超広角)+LiDARのデュアルカメラ+LiDARを採用しており、イメージセンサーは広角がSony IMX505、超広角がIMX405、LiDARはIMX590と判明しました。LiDARはiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxと同じものを採用しています。

 

前面は1200万画素(超広角)を採用し、イメージセンサーはIMX405となっていますので全てSony製を採用しています。

 

M1搭載iPad Proは日本市場でも販売されており、11-inchはWi-Fiモデルが94,800円(税込)から、Wi-Fi+Cellularモデルが112,800円(同)から、12.9-inchはWi-Fiモデルが129,800円(同)から、Wi-Fi+Cellularモデルが147,800円(同)からに設定されています。

 

ちなみに、内蔵ストレージの容量によってRAM容量が異なっており、128GB/256GB/512GBモデルが8GB、1TB/2TBが16GBとなっています。

 

 

Source | 参考