M1搭載iPad Pro 12.9インチ(第5世代)のAnTuTu Benchmarkスコアが判明

M1搭載iPad Pro 12.9インチ(第5世代)のAnTuTu Benchmarkスコアが判明

AnTuTu Benchmarkを開発・提供しているAnTuTuは、先日発表されたApple M1搭載iPad Pro 12.9インチ(第5世代)のスコアを公開しました。Android OS向けにはv9が公開されていますがiOS向けはv8なので比較は不適当に加えて、AnTuTuは異なるOS間での比較を行わないように声明を出しています

 

AnTuTuは比較対象にM1搭載MacBook AirのRAM 8GB+ストレージ 512GBのGPUが8コアのモデルのみ採用していますが、ReaMEIZUでは8+256GBの7コアモデル、従来製品となるApple A12Z Bionic搭載iPad Pro 12.9インチ(第4世代)(6+128GB)も加えています。

 

M1の主なスペックは、TSMC製5nm EUV(N5)プロセス技術、CPUは4xFirestorm 3204MHz(3.2GHz)+4xIcestorm 2064MHz(2.0GHz)のオクタコア構成、GPUは最大周波数1278MHzで8コアモデルと7コアモデルがあります。M1 iPad Proは11インチと12.9インチともに、いずれの容量でも8コアGPUを搭載しています。

 

RAM 16GB+内蔵ストレージ 1TBのiPad Pro 12.9インチ(第5世代)のスコアは、CPU性能が240,977点、GPU性能が514,792点、MEM性能が199,257点、UX性能が105,221点で総合性能は1,060,247点となりました。

 

8コアCPU+8コアGPUのMacBook Airと比較していくつか性能が下がっているのはダウンクロックではなく散熱の問題で、やはりPCの方が容積は大きく散熱の仕組みも豊かなのでその部分で差が出たと感じます。ですが、8コアCPU+7コアGPUと比較するとGPUの性能はiPad Pro 12.9(第5世代)の方が高く、PC並の性能を有しているタブレット製品と評せます。

 

iPadにおける最大のネックはiOSで「せっかくのSoCの高い性能が活かせない」と言われ続けてきましたが、iPadOSによっていくつか改善しているようなので、11インチと12.9インチの新しいiPad ProはM1の性能を無駄なく使用できると思います。

 

iPad Pro 11-Inch iPad Pro 12.9-Inch
容量 Wi-Fi Wi-Fi+Cellular Wi-Fi Wi-Fi+Cellular
128GB 94,800円 112,800円 129,800円 147,800円
256GB 106,800円 124,800円 141,800円 169,800円
512GB 130,800円 148,800円 165,800円 183,800円
1TB 178,800円 196,800円 213,800円 231,800円
2TB 226,800円 244,800円 261,800円 279,800円

日本市場における11インチiPad Pro(Wi-Fi)の本体価格は94,800円(税込)から、12.9インチiPad Pro(Wi-Fi)は129,800円(税込)からに設定されています(表はすべて税込価格)。カラーはスペースグレーとシルバーの2色展開で、アクセサリーとしてApple PencilやMagic Keyboardを利用することで、iPad Proの可能性を広げることが出来ます。

 

 

Source | Apple