Qualcomm Snapdragon 665のAnTuTuベンチマークスコアが判明

Qualcommが本日発表したミドルレンジモデル向けプラットフォームのSnapdragon 665のAnTuTuベンチマークをAnTuTuが先行公開しました。Snapdragon 665はQualcomm製リファレンスモデルで計測されており、商用デバイスに搭載される頃には少しだけスコアの増減があります。

比較対象としてSnapdragon 660の高クロックモデルと低クロックモデル、Snapdragon 675となっています。

 

スペック表はこのようになります。CPU性能は低クロックモデルのSnapdragon 660と同等レベルですが、GPU性能はAdreno 600シリーズを搭載。しかしクロック数が低いことが原因で想像よりも低いスコアが算出されています。

この他Quick ChargeはQualcommに記載されていたスペック表によりますとQC 3.0に対応となっており、何故かスペックが落ちています。

 

AnTuTuベンチマークではCPU性能、GPU性能、UX性能、MEM性能を同時に計測することができるアプリです。スコアはSnapdragon 675、Snapdragon 660(up)、Snapdragon 660(down)、Snapdragon 665という結果になり、低クロックモデルのよりも性能が低いことが露呈されました。

Snapdragon 675とは全く相手になっておらず、Snapdragon 665の立ち位置が非常に不安定です。

 

CPU性能は高クロックモデルはおろか、低クロックモデルよりも低い数値が算出されています。リファレンス機が何かしらの制限を用いたまま計測したということも考えられますが、それはそれでリファレンス機の役目を果たしていませんので、このように考えるのは間違っているのでしょう。

何故低クロックモデルよりも低くなったのかという直接的な原因は不明ですが、これではSnapdragon “665”という製品名称が間違っているのではないかと考えてしまいます。

GPU性能はわずかに高いスコアを算出し、Adreno 600シリーズを使っている優位点を発揮することが出来ました。とは言え30,000点もあればゲーム側が最適化していますので、フラッグシップモデルと同等は不可能ですが、それなりに満足のいくゲーム体験を感じることができると思います。

 

Snapdragon 665はAnTuTuベンチマークに関係しない部分がスペックアップしており、特にDSPとISPが変更されています。この2つはAI機能を強化しているので、カメラ撮影や通常利用における最適化に対して力を発揮します。

とはいえ「後継機」として開発されているのに従来機に負けているという現実は、一般消費者の感覚では考えられません。おそらくSnapdragon 636やSnapdragon 632を搭載した機種の後継機機種に搭載されると思っており、そういう場合にはしっかりとスペックアップが行えていますので大きな心配は必要ありません。更にSnapdragon 660は2017年に発表された製品なので、Board Support Package(BSP)がいつまで提供されるかということを考えると、Snapdragon 665の方がより先のAndroid OSを体験することができるはずです。

Snapdragon 660搭載機を使っている人はSnapdragon 665搭載機に変更するのではなく、Snapdragon 630番台を利用している人が乗り換える先としてぴったりだと思います。

 

Source