MediaTek Helio P35のベンチマークスコアが判明

MediaTekが本日発表したミドルレンジモデルプロセッサーのMediaTek Helio P35のベンチマークスコアが判明しましたので、様々なSoCと比較を行います。今回の比較はベンチマークスコアを用いていますので、実使用感やバッテリーの持ちを考慮していないことをご注意ください。

Helio P35はHelio P30のアップグレードモデルとなりますので比較を行いたいところですが、驚くことにHelio P30を採用したのはGIONEEのみで、搭載機のアップデートが滞っているのかベンチマークスコアを発見することが出来ませんでした。

 

名称 Helio P35 Snapdragon 625 Helio P22 Kirin 659
CPU 4xA53 + 4xA53 8xA53 8xA53 4xA53 + 4xA53
クロック数 2.3GHz + 1.8GHz 2.0GHz 2.0GHz 2.36GHz + 1.7GHz
GPU IMG GE8320 Adreno 506 IMG GE8320 Mali-T830 MP2
クロック数 680MHz 650MHz 650MHz 900MHz
製造プロセス 12nm 14nm 12nm 16nm

スペックは上図です。Helio P35はbig.LITTLEを採用しており、最大クロック数は2.3GHzで最低クロック数は1.8GHzとなっています。この他Imagination Technologies製GPUを採用しており、ここ最近のMediaTekはこの企業のGPUを採用する事例が増えており、Helio P90Helio A22にも採用されています。

 

Helio P35の総合性能が86,000点程度が基本で、Xiaomiの発表どおりSnapdragon 625を上回るスコアを出しています。CPU性能やGPU性能に大きな差がないですが、実使用感を測っている(アニメーションは非考慮)UX性能で大きな差が生まれていますので、滑らかさはHelio P35搭載機の方が上になるでしょう。

総合性能でわずかながらKirin 659を上回りましたが、Kirin 659は2017年Q3に発表された製品なので1年遅れで同等性能というのはコメントが思いつかないです。GPUの性能はHelio P35が上回っていますが、Kirin 659にはゲームの際にGPUを最適化するGPU Turboがあるので一概にHelio P35が優れていると言えません。一応、製造プロセスが微細化しているのでバッテリーの持ちは期待できそうですが、“性能”を考えるのであればHelio P35が後に発表されているから優れていると考えるのは早計でしょう。

 

Geekbenchではシングルコア性能は980点、マルチコア性能は3,939点という結果になりました。シングルコア性能は最大クロック数が2.3GHzなので2.36GHzのKirin 659にはわずかに及ばず、マルチコア性能は2.3GHz+1.8GHzの構成になっているので2.0GHzのみの構成のSnapdragon 625には及ばずと言った位置づけです。

 

MediaTek Helio P35はAnTuTuベンチマークやGeekbenchで同等な性能を持つ親しいものはなく、オンリーワンな性能となっているのでMediaTekの開発はうまくいっているという見方ができます。似た性能が存在する場合はどうしても比較されますので、オンリーワンな性能は誇るべきではあります。ただそのオンリーワンな性能が“中途半端”になっているのが問題で、価格を安くしたい場合はHelio P22を、少し高くしたい場合はSnapdragon 632を採用すれば様々な問題を解消することが出来ます。

訳あってSnapdragon 625やSnapdragon 632を採用できない末端のベンダーにとっては嬉しいかもしれませんが、一般ユーザーにとってはそんな問題は関係ないので、何だか中途半端なプロセッサーがリリースされたなぁという印象しかありません。

 

MediaTekはフラッグシップモデル向けHelio Xの開発を中止してHelio Pの開発に注力したのでHelio P60やHelio P90、Helio P22といった素晴らしいプロセッサーが生まれていますが、今回のHelio P35はいつものMediaTekに戻ってしまったのではないかと思ってしまいます。

 

Source(1) | Source(2)