国際市場向けのXiaomi 12とXiaomi 12 ProがGeekbenchに登場

国際市場向けのXiaomi 12とXiaomi 12 ProがGeekbenchに登場

Xiaomiは2021年12月にSnapdragon 8 Gen 1を搭載したXiaomi 12とXiaomi 12 Proを中国市場向けに発表しましたが、国際市場向けに関しては全くと言っていいほど情報がありません。そんな状態でしたがGeekbenchに国際市場向けの型番を有した両製品が登場しました。

 

China Global
12 2201123C 2201122G
12 Pro 2201123C 2201122C

Xiaomiの製品は型番末尾で投入する国や地域が決まる法則を有しており、中国向けはChinaの“C”が付与され、国際市場向けはGlobalの“G”が付与されます。(ちなみに日本はピンイン表記のRibenの“R”の付与が目立ちます)

 

今回出現したXiaomi 12は2201123G、Xiaomi 12 Proは2201122Gで、型番の末尾に“G”が付与されているため、Xiaomiの型番の命名規則に当てはめると国際市場向けの旗艦製品と認識できます。

 

開発者コードを利用して主な仕様を確認すると、CPUは1x3.0GHz+3x2.50GHz+4x1.79GHz、GPUはAdreno 730、Xiaomi 12はRAM 8GB、Xiaomi 12 ProはRAM 12GBです。

 

識別子が3400で、CPUやGPUの動作周波数や型番を考慮すると両製品はSnapdragon 8 Gen 1を搭載し、中国市場向けと同じSoCを搭載します。Xiaomiの製品では名称が同じでも中国市場向けと中国国外市場向けで搭載するSoCが異なる場合がありますが、Xiaomi 12とXiaomi 12 Proはそのような事例には当てはまりませんでした。

 

Xiaomi 12 Proの主な仕様は、Android 12(MIUI 13)、120Hz 6.73" 2K+(3400x1440) OLED、Snapdragon 8 Gen 1、RAM 8GB/12GB、内蔵ストレージ 128GB/256GB(外部: 非対応)、アウトカメラは5000万画素(広角)+5000万画素(ポートレート)+5000万画素(超広角)、インカメラは3200万画素、バッテリー容量は4600mAh(有線:最大120W/無線:最大50W)、重量は204g/205gです。

 

中国市場における価格は8+128GBが4699元(約85,000円)、8+256GBが4999元(約91,000円)、12+256GBが5399元(約98,000円)に設定されています。

 

 

Source(1) | (2)