UNISOCが過去に発表した製品の詳細なスペックを公開

UNISOCが過去に発表した製品の詳細なスペックを公開

2021年5月9日
Processor/Platform

中国のUNISOCは過去に発表したUNISOC T618やUNISOC T310、UNISOC SC7731Eなどの詳細なスペックを公開しました。

 

今までUNISOCはSC製品は簡易的な製品ページを、T製品はページすらない状態でしたが、5Gブランド「Tanggula」立ち上げに伴ってサイトを刷新し、過去に発表した製品のスペックを詳細に公開するページを作成しました。今回、その公開されたスペックをまとめました。

 

名称 T710
CPU 4xA75 + 4xA55
周波数 2.0GHz + 1.8GHz
GPU IMG PowerVR GM 9446
周波数 800MHz
NPU/DSP NPU: 3.2 TOPS
カメラ Vivimagic 5.0

4800万画素

リフレッシュレート 60Hz(2K+)
エンコード/デコード 4K@30FPS H.265 encode & decode
RAM LPDDR4X(1866MHz)
ストレージ UFS 2.1

eMMC 5.1

Wi-Fi Wi-Fi 5
Bluetooth Bluetooth 5.0
位置情報 GPS/Glonass/BeiDou/Galileo
通信 非統合
製造プロセス TSMC 12nm FinFET
内部コード ud710

T700シリーズに属する製品はUNISOC T710しかないので、いつもの3列ではなく1列表示を採用しました。主なスペックはTSMC 12nm FinFET製造プロセス、4xA75 2.0GHz+4xA55 1.8GHz、IMG PowerVR GM 9446 @800MHzです。

 

大きな特徴はAI性能で、3.2 TOPS(兆/秒)を有しています。競合他社製品のSnapdragon 765G 5Gが5.5TOPS、Exynos 1080が5.7 TOPS、Dimensity 1000が4.5TOPSなので性能が低いように見えますが、この製品は発表されたのは2019年で、同世代のSnapdragon 730Gが3.3TOPSであることを考えると、いかに高い性能を有しているかわかりやすいと思います。

 

名称 T618 T610 T310
CPU 2xA75 + 6xA55 2xA75 + 6xA55 1xA75 + 3xA55
周波数 2.0GHz + 2.0GHz 1.8GHz + 1.8GHz 2.0GHz + 1.8GHz
GPU Mali-G52 3EE MP2 Mali-G52 3EE MP2 IMG PowerVR GE8300
周波数 850MHz 614.4MHz 800MHz
NPU/DSP
カメラ 14-bit 3-core ISP+Acutelogic 3A

6400万画素

14-bit 3-core ISP+Acutelogic 3A

3200万画素

1600万画素+800万画素
リフレッシュレート 60Hz(FHD+) 60Hz(FHD+) 60Hz(HD+)
エンコード/デコード FHD@60FPS H.265 encode & decode FHD@60FPS H.265 encode & decode FHD@30FPS H.265 encode & decode
RAM LPDDR4X(1866MHz)

LPDDR3(933MHz)

LPDDR4X(1600MHz)

LPDDR3(933MHz)

LPDDR4X(1333MHz)

LPDDR3(933MHz)

ストレージ eMMC 5.1 eMMC 5.1 eMMC 5.1
Wi-Fi Wi-Fi 5 Wi-Fi 5 Wi-Fi 5
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
位置情報 GPS/Glonass/BeiDou/Galileo GPS/Glonass/BeiDou/Galileo GPS/Glonass/BeiDou/Galileo
通信 統合: 4G Modem

LTE Cat.7/13(300Mbps/150Mbps)

統合: 4G Modem

LTE Cat.7/13(300Mbps/150Mbps)

統合: 4G Modem

LTE Cat.7/13(300Mbps/150Mbps)

製造プロセス TSMC 12nm FinFET TSMC 12nm FinFET TSMC 12nm FinFET
内部コード ums512 ums512 ums312

T600シリーズはUNISOC T618とUNISOC T610、T300シリーズはUNISOC T312が発表されています。本来であればT310はT700の様に1列表示がふさわしいですが、サイトの都合上収まりが良いのはこの表示なので、性能差はかなりありますがT600シリーズと並べています。

 

これら3製品は共通してTSMC 12nm FinFET製造プロセスを採用しています。UNISOC T618の主なスペックは、2xA75 2.0GHz+6xA55 2.0GHz、Mali-G52 3EE MP2 @850MHzです。UNISOC T610はT618の低クロックモデルで、2xA75 1.8GHz+6xA55 1.8GHz、Mali-G52 3EE MP2 @614.4MHzです。

 

UNISOC T310はクアッドコアの製品で、1xA75 2.0GHz+3xA55 1.8GHz、IMG PoweVR GE8300 @800MHzです。現在主流のエントリーモデルはクアッドコアやオクタコア構成でもA55やA53がメインコアとして採用されていますが、T310はA75が採用されているのでCPUに関しては圧倒的な性能を誇っています。

 

名称 SC9863A SC9832E SC7731E
CPU 4xA55 + 4xA55 4xA55 4xA7
周波数 1.6GHz + 1.2GHz 1.4GHz 1.3GHz
GPU IMG PowerVR GE8322 Mali-T820 MP1 Mali-T820 MP1
周波数 550MHz 680MHz 600MHz
NPU/DSP
カメラ 1600万画素+500万画素 1300万画素 800万画素
リフレッシュレート 60Hz(FHD) 60Hz(HD) 60Hz(HD)
エンコード/デコード FHD@30FPS H.265 encode & decode FHD@30FPS H.264 encode & decode HD@30FPS H.264 decode & FHD@30FPS H.264 encode
RAM LPDDR4X

LPDDR3(933MHz)

LPDDR3(667MHz)

LPDDR2(533MHz)

LPDDR3

LPDDR2(533MHz)

ストレージ eMMC 5.1 eMMC 5.1 eMMC 5.1
Wi-Fi Wi-FI 4 Wi-Fi 4 Wi-Fi 4
Bluetooth Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2
位置情報 GPS/Glonass/BeiDou GPS/Glonass/BeiDou GPS/Glonass/BeiDou
通信 統合: 4G Modem

LTE Cat.7/13(300Mbps/150Mbps)

統合: 4G Modem

LTE Cat.4(150Mbps/50Mbps)

統合: 3G Modem

GSM/EDGE/W-CDMA/HSPA

製造プロセス TSMC 28nm HPC+ TSMC 28nm HPC+ TSMC 28nm HPC+
内部コード ? ? ?

T310よりも性能の低いエントリーモデルはSC9863AとSC9832E、SC7731Eが掲載されています。この3製品以外にもいくつか発表されていますが、これらが掲載されているのはAndroid 11のサポートが表明されているからだと考えています。

 

SC9863Aの主なスペックは、TSMC 28nm HPC+製造プロセス、4xA55 1.6GHz+4xA55 1.2GHz、IMG PowerVR GE8322 @550MHzです。SC9832Eは、TSMC 28nmHPC+製造プロセス、4xA53 1.4GHz、Mali-T820 MP1 @680MHzで、SC7731Eは4G非対応製品で、TSMC 28nm HPC+製造プロセス、4xA7 1.3GHz、Mali-T820 MP1 @600MHzです。

 

今回はスマートフォンやタブレット向けをまとめましたが、UNISOCはこの他にフィーチャーフォン向けやウェアラブルデバイス向け、スマートスピーカー向けSoCの詳細なスペックを公開しているので、競合他社のMediaTek並かそれ以上に詳しく書いていおり、第三者の私としては非常に助かります。今後続々と発表されるであろうTanggulaシリーズの製品でも同じ様に記載して欲しいと思います。

 

Source